テーマ:映画

日本初放送R18指定の韓国映画「お譲さん」!

「お譲さん」 原作は、『荊の城』(いばらのしろ、原題:Fingersmith)。 Wikipediaによると、 2002年にイギリスで発刊されたサラ・ウォーターズ作の歴史犯罪小説。 レズビアンのミステリー作家で、作品にも同性愛の描写が多く見られる。2005年にはイギリスBBCでもテレビドラマ化されたそうです。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「地獄変」視聴!昔の日本映画はすごい!!

「地獄変」 1969年、東宝製作 原作 芥川龍之介 中村(萬屋)錦之介、仲代達也、内藤洋子 平安末期、夜の中は荒れ果て、庶民が飢餓に苦しみ、野盗がはびこり、京の町中は死体がごろごろ。 高麗から来た帰化人の良秀は凄腕の絵師。 しかし、世の中を憂う彼が描く絵はおどろおどろしいものばかり。 時の権力者である…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョンソクくん主演映画「僕たちの青春白書」視聴しました!

「僕らの青春白書」(原題:血沸く青春) 2014年 ジュンギル(ジョンソクくん)は沢山の女子高生を泣かせた洪城農業高校伝説のプレーボーイ。 でも、彼に一途の幼馴染みのヨンスク(パク・ボヨン)には目もくれない。 それには、家族間のせつない訳が・・・。 一方、工業高校のボス グァンシク(キム・ヨングァン)は、ヨンスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国で「君の名は。」盗撮&違法コピー横行??

kstyleニュース 「君の名は。」側、盗撮&違法なコピーに対し法的措置“毎日通報がはいっている” OSEN |2017年01月10日17時06分 ハングル文字が並ぶ韓国版ポスター 何だかフシギワ~ルド!! 日本のアニメ「君の名は。」(監督:新海誠) 側が一部の観客の盗撮や違法なコピーについて法的措置を取ると話した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月明けに対照的な日本映画2本立て その2. 「ビリギャル」

昨年末に録画してありました。 「ビリギャル」 『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話』 笑って泣ける文句なしに面白い作品でした。 ただ、さやかちゃんは中高一貫のお嬢様学校に中学受験してるわけだから、 もともと聡明な子で、リアルさやかちゃんは入学してから5年間サボった結果、落…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お正月明けに対照的な日本映画2本立て その1.「鬼龍院花子の生涯」

録画してた日本映画を暇つぶしに2日続けて視聴しました。 1本目「鬼龍院花子の生涯」 若い頃、日曜映画劇場辺りで見た記憶があるんだけど、濡れ場&暴力シーンと夏目雅子の“なめたらいかんぜよ”の名セリフしか印象がありませんでした。 今回改めて見直してみると、鬼政をとりまく女性達のそれぞれの心情が理解できたし、 キャスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<MBLAQ>イ・ジュン主演「俳優は俳優だ」視聴感想!!

俳優は俳優だ KPOPグループ<MBLAQ>から映画初主演を果たしたイ・ジュンの演技力が際立っていたと思います。 無名俳優のオ・ヨン( イ・ジュン)は、自身の感情に酔うあまり、演技と現実を混同してしまう。 デパートでマネキン相手に演技する、舞台の上では、相手役の女優に襲いかかってしまい劇場は騒然!! その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国史劇版「王子と乞食」?「私は王である!」感想

「私は王である!」 韓国史上最も優れた国王<世宗大王>即位秘話。心温まる歴史ドラマの誕生! 昨年暮れに録画してほったらかしていた映画です。 「宮〜Love in palace」でブレイクしたチュ・ジフンの除隊後復帰作です。 3男でありながら突然、父王から世子になるよう命じられたけど、それを重荷に感じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画版「白夜行」~悪女と哀しい殺人者!

衛星劇場では時々レアな韓国映画をオンエアしてくれます。 今月最後に視聴したのは・・・ 白夜行~白い闇の中を歩く 東野圭吾の小説の韓国映画化。2009年 日本では2006年「世界の中心で愛を叫ぶ」の後、同じく山田孝之&綾瀬はるかコンビでドラマ化されてました。 このドラマ、初回は衝撃的で引き込まれたけれど、何となく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョンソクくん「君に泳げ!」インタビュー~ソ・イングクは“やっぱり年上の兄貴だな”

KSTYLE |2015年08月06日13時03分より部分抜粋 ―「君に泳げ!」に出演を決めた理由は何でしょうか? イ・ジョンソク:「シークレット・ガーデン」への出演が終わってから、チョ・ヨンソン監督が最初にラブコールを送ってくださいました。僕のことを信じてくださった監督を信頼して出演を決めました。さわやかな青春像を描いた映…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「カンヌ国際映画祭」 正装のキム・ナムギル氏シビレルわ~!!

キム・ナムギル&チョン・ドヨン「カンヌ国際映画祭」に出席“観客の喝采” Kstyle TVREPORT |2015年05月16日15時20分 俳優キム・ナムギルと女優チョン・ドヨンが15日午後(現地時間)、フランス・カンヌのパレ・デ・フェスティバルで開催された第68回カンヌ国際映画祭の「無頼漢」(監督:オ・スンウク)の公式上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GWはお家でゴロゴロ、録画をさばこう その2 「トガニ 幼き瞳の告発」 

「トガニ 幼き瞳の告発」      なんとも後味の悪い映画でした。 韓国光州市で起きた実話をもとにしているそうです。 聴覚障がい者学校に美術教師として赴任したカン・イノ(コン・ユ)は、 傷だらけ、無表情なこども達の様子に違和感を感じていました。 ある夜、学校の寮の女子トイレで女児の悲鳴を聞き・・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国映画はやっぱり面白い!「火車 HELPLESS」 視聴~衛星劇場 

宮部みゆき 「火車」 雑誌『小説推理』に1992年(平成4年)3月号から6月号にかけて連載され、 同年7月に双葉社より単行本が出版され、1998年(平成10年)1月に新潮文庫版が出版された。 韓国版「火車 HELPLESS」 2012年に韓国で映画化されている。原題は『화차(火車)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

衛星劇場加入の副産物?韓国サスペンス映画が面白い!!

今月から始まるジョンソクくんの「ピノキオ」、6月にはジュンギくんの「朝鮮ガンマン」の集中放送があるので、KNから衛星劇場に乗り換えました。 さっそく、前から気になってた「ビッグマン」の集中放送イッキ見中!! そして、副産物とでも言えましょうか。、衛星劇場は韓国映画も結構放送してくれてまして。 これが、なかなか面白いのですよ。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

朗報!大阪でソ・イングクくんに会えるよ!!

ソ・イングク、2/22ベストアルバム予約会レポート!ファンから選ばれたベストソング1位を歌唱 KSTYLE |2015年02月24日16時15分 apan Best Album「Last Song」のリリースを目前に控えたソ・イングクが、2月21日と22日の二日間に渡り、予約会イベントを開催。発売に先駆けて、本人が来日し、ミニラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イ・ジュンギ、中国映画「シチリアの日差しの下で」スチール写真公開

Kstyleニュース イ・ジュンギ、中国映画「シチリアの日差しの下で」スチール写真公開…ロマンチックな恋人たち OSEN |2015年02月14日15時57分 俳優イ・ジュンギが主演を務める中国映画「シチリアの日差しの下で(西西里艳阳下)」のスチール写真が公開された。 イ・ジュンギの所属事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「君に泳げ」予告編公開&ソ・イングククン緊急来日決定!!

終わらない僕らの夏、息継ぎなしの恋をした 「君に泳げ」 (原題『No Breathing』) 予告編解禁(2015年2月28日(土)全国公開)   イングククンが歌手だって知ってたけど、すごく素敵な声にびっくり!! そして ソ・イングク、3/1(日)「君に泳げ!…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

花男イ・ミンホ 映画「江南1970」で大変身!!

Kstyleより部分抜粋 イ・ミンホ“王子様”の衣装を脱いで大胆イメージチェンジ!観客の心を動かした OSEN |2015年01月26日20時00分 「江南1970」は1970年代のソウル、開発が始まった江南の土地をめぐる2人の男の欲望と義理、裏切りを描いた映画で、イ・ミンホは土地に対して強い欲望を見せるキム・ジョ…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

高倉健さん追悼映画「八甲田山」 雪山の恐ろしさと戦争の愚かさと・・・。

昨年11月に高倉健さんが亡くなられ、その後、たくさんの健さん映画がテレビに登場しました。 その中で一番見たかった「八甲田山」が1/11にBSTBSで放送されました。 録画してあったのですが3時間もの長丁場。なかなか時間を取れずにいましたが先日やっと見る事ができました。 私の父はこの映画をこよなく愛していました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞朝刊に尾野真知子さんのデビュー作「萌の朱雀」の記事が!!

私の週末のお楽しみ、朝日新聞土曜版beの1面「映画の旅人」。 いわゆる映画のロケ地めぐりです。 今週は河瀬直美監督の「萌の朱雀」でした。 朝ドラ「カーネーション」でブレイクした尾野真知子さんのデビュー作品、当時中学生だった彼女は河瀬監督に見い出されたそうです。 この映画は「カーネーション」終了後、GyaOでネット配信された時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

綾野剛さん頻出~どうなってるの?この人のパワーって!!

先月、映画「シャニダールの花」のPRのためかバラエティに出まくり、 先週は「夏の終り」の完成披露試写会で「あまちゃん」出演の若手女優との事を聞かれて憮然として退場するシーンが何度も流れ、 (あたりまえでしょ。こんな場所でこんな低レベルなインタビューなんて!!他の出演者の方にも失礼だと思わないのかな?まあ、このワイドショーねたのおかげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞土曜版「Be」で「二十四の瞳」の特集

昨日朝日新聞土曜版「Be」1.2面「映画の旅人」で「二十四の瞳」の特集が掲載されてました。 とても興味深い記事だったのでぜひ知ってもらいたくて書いてみました。 驚いたのは、この小説が発表されたのは1952年、木下恵介氏によって映画化されたのはそのわずか2年後だったことです。 先日のドラマのように、今映像化しようとしたら、ロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「龍馬伝」とかぶるキャスト、そして出番少ないけど、異彩を放ってた綾野剛くん~るろうに剣心

去年、話題になっていた「るろうに剣心」。早くも地上波初登場!!「金曜ロードショー」 映画館で見たかったのに見そびれたので、早くも地上波登場という情報に心踊りました。 映画はやっぱり、あらすじとか解説者の大きなお世話の解説とかあらすじなんか知らずに、見るに限りますね。 知らずに見るとハズレもあるけどこの作品は大アタリ!! 原作はア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more