最後までストレス0の素敵なラブストーリー!!私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper

私の彼はエプロン男子~Dear My Housekeeper

整理を“祭り”だと言う人がいた
僕は“魔法”だと思う
複雑に考えなくていい
片付かなくて悲しむ必要もない
積み重なり片づけ続けるのが人生だろうから
どうしても解決しない時
ドアを開ければいい
ーあなたの心を一緒に整理してくれる― 
あなたのハウスキーパーがいるから
(ドラマエンディングメッセージ)

your-housekeeper.jpg
images.jpg
部屋を整理すると心の中もスッキリ!!
崖っぷち女子の前に現れた、あらゆる家事をパーフェクトにこなすイケメンカリスマ・ハウスキーパー ジウン(ハ・ソクジン)!!
悩み多き4人の女の子たちはみんなとてもチャーミング。お相手の男性陣もさわやかイケメンぞろい!!
最後までストレス0、後味スッキリの素敵なラブストーリーでした!!





タイプの全く違う弁護士ドラマ2本視聴!!

「無法弁護士~最高のパートナー」&「SUITS/スーツ~運命の選択~」全くタイプの違う2本の弁護士ドラマを同時進行で視聴してました。

無法弁護士~最高のパートナー 全16話

イ・ジュンギ主演の最新ドラマ!
アウトロー弁護士と熱血弁護士のヒロインがタッグを組み、悪に立ち向かう法廷エンターテインメント。(ホームドラマCHより)

出演:イ・ジュンギ×ソ・イェジ、チェ・ミンス

180619_muhou012.jpg

イ・ジュンギ演じるサンピルは、弁護士の母を目の前で殺害され、叔父でヤクザのボスに育てられ自らも弁護士に!!法と時には特技?の暴力も奮う型破りな無法弁護士!!
ヒロインのハ・ジェイ)ソ・イェジの母は、同じ事件の唯一の目撃者で行方知れず!二人の弁護士が出会い、事件に関わった人物達に法で切り込んでいきます。

ジュンギ氏が弁護士?視聴前はちょっと合わないんやない?と思ったけど、これぞジュンギドラマと言えるスカッとするアクション満載、ストーリーに一貫性があり勧善懲悪がはっきりしてて痛快!!
暴力団のボスが市長にあっさり当選したり、影で糸を引く悪徳裁判官が国の最高裁長官に推薦されたりとアリエヘン設定だけど、そういう点もいかにも韓国っぽいかも!!(あっそうそう余談ですが、ワイドショーを延々賑わしたあの方、結局法務大臣を辞任しましたね!!)

最近優しいオジサン役が多かったチェ・ミンスが、黒幕の裁判官に操られ悪事を重ねるどうしようもない悪役。
凄みのある演技がドラマを引き締めていたと思います。この人はやっぱりこういう悪役が似合うよ!!


SUITS/スーツ~運命の選択~

チャン・ドンゴン×パク・ヒョンシク

21F0FA87-8D1F-4267-83FE-D0BCFC2830ED.jpeg

話題作なのでとても楽しみにしてました。大元はアメリカの人気シリーズ。日本の月9でもリメイクされてましたが、キャストがイマイチ好みじゃなくて見てませんでした。
スタイリッシュなオープニング、高そうなスーツが似合うダンディでクールな敏腕弁護士(チャン・ドンゴン)と、ソフトなイメージで人の痛みが分かる心優しい無資格弁護士(パク・ヒョンシク)。
ウ~ン ストーリーは期待したほどではなかったかな・・・。同じ弁護士でも訴訟等を扱う民事の方で分かりにくいせいでしょうか・・・。
また、どんなに仕事ができても学歴詐称、モグリはダメでしょってずう~っと引きずってしまいました。
ヨヌは結局自首して2年間服役、出所後どうなったかスッキリしないエンディングだった。
執行猶予が付いて、高校卒業資格を取り、ロースクールを主席卒業して晴れて本物の弁護士となって颯爽と帰ってくるみたいな結末を期待してましたが・・・。

ラグビー&男子バレー トリハダのW史上初だね!!でも・・・。

ラグビーよりひと足先に始まった男子バレー。強豪イランに第1セットは25-16で余裕の先取。

その後、ラグビーが始まり、スコットランドに専制されたけど、その後絶好調で得点を重ねました。

前半終わって、気になってた男子バレーの方にチャンネル変えたら、ちょうど第3セットの終りかけ。

最後のいいとこ取りに間に合う事ができました。

そして、もうガマンできなくて夫&息子がラグビー見てるリビングを離れ、ひとりで息子の部屋のテレビへGO!!

第4セットはちょっとハラハラさせられたけど、豪快スパイクがバンバン決まり25-21 

3-1で勝利しました。何とワールドカップ5連勝は史上初!!

リビングに戻ったらちょうどラグビーの勝利寸前だった。

そして、28-21で終了!!

何とわずか5分違いで、男子バレーWカップ5連勝とラグビーWカップ決勝リーグ進出のW史上初決定!!

トリハダが立ちました。

今夜は、私みたいに掛け持ち視聴した人多いのではないでしょうか。


でも、嬉しいはずなのに心は重くて晴れない・・・。

今年も起きてしまった大規模災害。

台風19号は容赦なく破壊していきました。

気象庁が何度も会見してたけど、どうすりゃいいんだ・・・。

去年は西日本、今年は東日本に集中。

災害が起きるたび やりきれない気持ちになってしまいます。

最後になりましたが、被害に合われた皆さん、お見舞い申しあげます。





岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その12>のんびり新緑の猊鼻渓舟下り

平泉を後にして今回の旅の最後、国の天然記念物猊鼻渓に向かいました。

平泉を中心に、西に厳美渓、東に猊鼻渓という二つの渓谷があります。呼び方も前者ゲンビケイ、後者ゲイビケイと似ててややこしいです。
厳美渓は、渓流をはさんだ対岸にあるお団子屋さんに注文すると、お団子とお茶がロープに下がった籠に入れてやってくる「かっこう団子」通称「空飛ぶ団子」が人気!旅番組で取り上げられているのを何度も見た事があって当初はこちらに行こうと思ってました。
でも、ネットで調べると猊鼻渓の舟下りが優雅で面白いという記事がいっぱい揚がってて面白そうなので予定変更したんです。

IMG_20190528_10531322.jpg

P52818372.jpg
ここで名物のお団子を買ったら駐車場無料にしてくれました。
甘いお味噌がたっぷり塗ってあって五平餅みたいなお味でおいしかったです!!

P52818392.jpg
猊鼻渓は、北上川支流の砂鉄川沿いに、高さ50mを超える石灰岩の岸壁が、およそ2kmにわたって続く渓谷です。(猊鼻渓舟下りHP
より)
P52818412.jpg
大人気猊鼻渓舟下り
乗船料1600円 東北乗り放題パスで100円引きでした。
往復90分、一番奥のところで下船して20分の休憩タイムがあります。

P52818582.jpg
最初から最後までずう~っと手漕ぎの舟下りは日本中でここだけなんだとか!!

P52818662.jpg
深い渓谷を分け入るように進んでいきます。

P52818602.jpg
保津峡下りのような急流を想像していたら、まったく違ってて水深も浅くて流れはとてもゆるやか!!

途中出会った他の船に乗ってる修学旅行の高校生たちから「ニーハオ~」
ゲッ!中国人ツアーと間違われた!

P528185022.jpg
鏡明岩

P52818552.jpg
羅沙門窟

IMG_20190528_10531323.jpg
奥に進むにつれてそそり立つ巨岩が次々と現れます。

IMG_20190528_1343392.jpg
渓谷の一番奥、折り返し地点の船着き場で上陸して20分の休憩タイム!!


IMG_20190528_1347082.jpg
ここでのお楽しみ!!「うん玉投げ」

見事「うん玉」がこの穴に入ったら願うがかなう?!人気パワースポットです。
「福」「縁」「寿」「愛」「願」「運」「恋」「絆」「禄」「財」の10種類の運玉のうち5つ選んで穴に投げ入れるんです。<運玉5個で100円>

IMG_20190528_1346212.jpg
若い頃野球やってた夫、自信満々でチャレンジしたけど・・・。

IMG_20190528_1403472.jpg
帰りには、「げいび追分」という猊鼻渓オリジナルの歌と岩手県の民謡を歌ってくれます。歌い込んで伸びやかな声はそそりたつ岩肌に響き渡り情緒満点!!

P52818722.jpg
名物の鮎の塩焼きでちょっと休憩して、猊鼻渓を後にしました。

P52818772.jpg
駐車場に戻る時、ちょうどちょうど大船渡線の普通列車が鉄橋を渡っていきましたョ。

一ノ関ICの手前で、この旅2回目の渋滞に合いヒヤッとしたけど、ランチも抜いて移動したので2時間ぐらい余裕で無事仙台空港到着。

P52818822.jpg
余った時間で空港近くの牛たんの人気店「たんとろ」へ!!

P52818792.jpg
ちょっと無愛想な店主が手際良く炭火で焼きあげてくれます。

P52818812.jpg
お昼抜きだったのでお腹ペコペコ。おいしくいただきました。

P52818832.jpg
おみやげ屋さんが並ぶ仙台空港2F出発フロア

P52818852.jpg
夜の国内線待合室

わずか3日でしたが、夫婦喧嘩もトラブルもなく、天気にも恵まれ充実した北東北の旅は無事終わりました。
長いダラダラ旅ブログを読んでくださった皆さんありがとうございました。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その11>中尊寺と毛越寺

いよいよ3日目最終日。
大沢温泉から中尊寺がある平泉に向かいました。東北道(花巻南IC-平泉前沢IC)経由でスイスイ40分程。
中尊寺は2回目、40数年前の20歳の初めての一人旅で最初に訪れた想い出の場所です。

平泉は平安末期、奥州藤原氏が栄華を極めた地。
松尾芭蕉の「夏草や 兵どもが 夢の跡」~奥州藤原氏の滅亡を詠んだこの句はあまりにも有名ですね!!
中尊寺を中心とする平泉一帯は「平泉―仏国土(浄土)を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群」として世界遺産に指定されています。

中尊寺金色堂
中尊寺は嘉祥3年(850)、比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれ、12世紀のはじめに奥州藤原氏初代清衡によって大規模な堂塔の造営が行われました。(HPより)

広い境内にたくさんのお堂があり、あまりにも有名な金色堂はその一つなのです。
ひとつひとつお参りしているときりがないのでメインの本堂だけ参拝しました。

P52817952.jpg
本坊表門 本堂の正面に建つ表門、本堂は参拝自由で意外にごく普通でした!!

P52818072.jpg
金色堂周辺はさすが、東北を代表する観光地!バスツアーや修学旅行生でいっぱい!!この3日間で一番賑わっていました。
本堂周辺は観光客少な目だったので、バスツアーはたぶんダイレクトに金色堂だけの参拝なのではないでしょうか。

金色堂の拝観券は讃衡蔵という宝物館の入口で購入します。讃衡蔵・金色堂・経蔵・旧覆堂の巡るセット券800円。
始めは、金色堂しか興味なかったので、ちょっと迷惑な抱き合わせのように思いました。
ところが、この宝物館は、中尊寺の文化財及び奥州藤原氏4代の遺品・棺の埋葬品などが山ほど展示されていてとても見応えがありました。
注目すべきは、中尊寺の仏像が重要文化財なのに対し、金色堂の藤原氏の遺品はほとんどが国宝。藤原氏の遺品の方が文化的価値が上って事なんですかね~。

IMG_20190528_1053132.jpg
いよいよ金色堂へ!
中尊寺金色堂は日本の国宝第1号!!堂の内外に金箔を押した黄金の阿弥陀堂です。

P528179822.jpg
このお堂は保護のため1965年建設に建設された鉄筋コンクリート造の覆堂。
本物の金色堂はこの一見そっけない覆堂の中のさらにガラスケースの中に納まっているんです。

黄金に輝く堂内には、阿弥陀三尊像(阿弥陀如来坐像、観音菩薩立像、勢至菩薩立像)を中心に、
6躯の地蔵菩薩立像、手前に持国天、増長天の11躯の仏像が安置されています。
驚くのは、仏壇の下に、奥州藤原氏1代目清衡、2代目基衡、3代目秀衡の3体のミイラ、泰衡首級が安置されている事。
4代目泰衡だけ首級なのは、源頼朝に滅ぼされ首を打ち取られたため。
讃衡蔵には、泰衡の黒漆塗りの首桶が展示されてあり、リアル過ぎてのけ反ってしまった。

始めての訪問の時は、参拝客が多すぎてところてんのように押されながらの見学だったのでワッーすごい!!だけで終わってしまっていたので、今回は幸い団体さんにかち合わずじっくり見学できて満足!満足!!
記念にありがた~い御朱印もいただきました。はるばるやって来たんだものこれは超値打ちもの!!

P52818052.jpg
旧覆堂
 正応元年(1288)鎌倉幕府によって建てられたと伝えられる初代のお堂。

P52818032.jpg
内部

P52818042.jpg
金色堂の脇に、ひっそりと建つ松尾芭蕉像 脇には「五月雨の降のこしてや光堂」の句碑も!

1枚ぐらいは記念写真をと思いお願いしたら、中国人ツアーの添乗員さんでした。でも、たどたどしい日本語で快く撮影して下さいましたョ。


毛越寺
P52818122.jpg
中尊寺から車で10分ほど、JR平泉駅のすぐ近くです。
平安時代創建の毛越寺は、度々の火災で全ての伽藍が消失し、境内には堂塔伽藍を偲ばせる礎石等の遺構だけが残るのみ。
お寺そのものより、極楽浄土を現したという広い浄土式庭園が有名で特別史跡・特別名勝。

P52818292.jpg
とにかく広いです。青紅葉がとてもきれい!!

P52818132.jpg
1989年(平成元年)に再建された本堂

PA2421362.JPG


P52818272.jpg
浄土式庭園の中心「大泉が池」

P52818212.jpg
常行堂 享保17年(1732)に仙台藩主伊達吉村公の武運長久を願って再建されたもの。
中の仏像は秘仏で33年に一度御開帳するそうです。

P52818172.jpg
お寺というより手入れの行き届いた庭園は、観光客も少な目でとても静かでおだやかな時間を過ごせました。

いよいよ、今回の旅の最後、猊鼻渓に向かいました。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その12>のんびり新緑の猊鼻渓舟下り・・・につづく

汗くさいラグビーより、オッサンくさい野球より、さわやか男子バレーがあついヨ~!!

連勝中のラグビーは、どのチャンネルのワイドショーやニュース番組のスポーツコーナーで大きく取り上げてるのに、男子バレーボールのワールドカップはとっても静か!!
(無視されてる!!

images.jpg男子バレーはパワフルでスピーディで面白い!!
何と言っても素人のオバチャンでも勝敗がわかり易くて好きなんだけど、これまでの日本男子は、体格のイイ外国勢に押され1本足りない感じだった。
でも、今年の日本男子はチョット違うよ!!

maxresdefault.jpg
昨夜のロシア戦は10年ぶりの勝利!!

連夜のハラハラドキドキのシーソーゲーム。
今夜の対エジプト戦4セット目は、デュースの応酬の末、取られてしまい
最終セットにもつれ込み。
最終セットになると、あれよあれよと追い込まれ終わってしまうのが、これまでの日本チーム。
不安がよぎったけど接戦の末勝ってしまった!!
今夜のエジプト戦勝利でワールドカップ4連勝は、何と24年ぶりの快挙なのだそうだ。

今年の快進撃はエース石川に加え、ワールドカップデビューの19歳西田の活躍がめざましい!!
186cmの身長ながら(普通の日本男子の平均よりずっと高いと思うけど、バレー界では低いらしいです。)、まるでトランポリンに乗ってるみたいなスーパージャンプで次々とスーパーアタック・サービスエースを決めてくれます。

勝因はそれだけじゃない!!選手一丸となって泥くさいほどしがみついていくボールへの執念にあると思うんです!!
波に乗ってきたところでよくサービスミスするけどね!!

でもでも、ホントに昨夜に続き今夜もスカッとしたWA!!
あと、3戦楽しませていただきますわ。日本男子ファイティン!!


「ブラック~恋する死神~」視聴終了!!

(旅のブログを書いてる最中ですが、ちょっと息抜き韓国ドラマの感想を!)

「ブラック~恋する死神~」

無題.png

人の“死の影”が見えるハラム(Ara)はある日、臆病者の刑事 ムガン(ソン・スンホン)と出会う。ムガンはハラムの能力を使い人の死を防ごうとするが、事件に巻き込まれ撃たれてしまう。だが、死んだと思われたムガンは生き返った。ムガンの体に死神のブラック(ソン・スンホン/2役)が乗り移っていたのだ・・・。(ホームドラマCHより)

途中、録画を溜めこんでしまい、ただでさえ登場人物が多く複雑なストーリーを早送り視聴したら、何が何だかさっぱり入り込めず脱落しかけたけど、後半からんだ人間関係が徐々に繋がってきて面白くなってきました。

ブラックの正体は少年時代に殺害されたムガンの兄。
これは、最初からだいだい想像がつきましたが・・・、死神444=刑事ムガン=キム・ジュン=ムチャン~ややこしい
なぜ、自分は殺されなければならなかったのか?弟のムガンの身体を借りて、ブラックは自分の死の真相を突き止めようとします。
これでもかこれでもかと伏線が張られ、主軸の20年前の未成年性接待事件にからむ数々の殺人事件がひとつに繋がるのは終盤。ラスト2話はかなり衝撃的だった。

ファンタジー仕立てのせいか、少々脚本家の1人よがりと見受けられる箇所があったけど、(私の理解不足?)ミステリーとしては結構楽しめました。
また、すぐ再放送あるみたいなんでもう1回見直したら、いろいろ伏線とかの再確認できるかな!!

黒ずくめのハードボイルドなブラック役はソン・スンホンの新境地かも!!

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その10>花巻温泉郷 大沢温泉②自炊部「湯治屋」と湯めぐり

温泉旅館の醍醐味、夕食後と翌朝たっぷり湯めぐりを楽しみました。
ここ大沢温泉は、昔ながらの湯治が今も息づく自炊部“湯治屋”と混浴露天風呂が特に有名なんです。

P52817902.jpg

P52817862.jpg
自炊部「湯治屋」玄関
昭和20年、空襲で東京のアトリエを失った高村光太郎は、宮沢賢治の父の世話で花巻に疎開し、大沢温泉が大変気に入って通ったそうです。

map-kiku (1).jpg
湯量豊富ですが、泉質はノーマルなアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
(画像はHPからお借りしました)

大沢の湯
有名な川沿いの混浴露天風呂ですが、20:00〜21:00だけ女性専用タイムなんです。

touj_osawa_pic1.jpg
(画像はHPからお借りしました。)

P52717742.jpg
「山水閣」と「湯治屋」は廊下で繋がっています。
大沢の湯は湯治屋の一番奥にあって湯治屋館内を通り抜ける事になるんで、ちょっとした湯治宿探検となりました。

P52717652.jpg
湯治屋は前日の後生掛温泉や玉川温泉のように改築される事なく昔のままの湯治宿の趣が残っています。
部屋は障子だけなので、廊下を通るのは結構気を使いました。

P52717772.jpg
自炊用の台所~小学校の給食室みたい!!別に食堂もあってレトロ情緒満点でしたョ。

若い頃は、オンボロユースホステルの8人相部屋とか、民宿の鍵もない6畳部屋とか平気だったけど、今は設備の整った旅館に慣れてしまってキツイかな~。
でも、東北新幹線の新花巻駅にも近く交通アクセスはとてもいいので、いつかもっと歳を重ねあちこち(身体の)故障してきたら「湯治屋」でプチ湯治してみたいです。それまでこのままの雰囲気を大事に残しておいてほしいものです。

大沢の湯の入口では湯治屋のオバチャンが男性が来ないように番をしてくれてます。
1時間だけの大沢の湯の女性タイムは賑わっていました。
暗めの照明で情緒あったけど、せっかく景色がいいので明るい時間に入りたかったナ。
でも、更衣室はなく湯船の後ろの棚に入れる昔ながらのタイプなので、明るい時間に女性はやはりハードル高いかも!!
夫は、翌日の早朝一番乗りで入ったので貸切状態でご満悦でした。

薬師の湯
P52717732.jpg
湯治屋の内湯。天井が高くとてもレトロな雰囲気。湯治屋の客が大勢入ってて落ち着かないから翌日早朝リベンジしました。古いけど手入れが行き届いててとっても気持ち良かった。

かわべの湯(女性専用露天風呂)

P52717712.jpg
小じんまりでしたが、私だけだったので優雅な貸切風呂みたいでした。

豊沢の湯
P52717782.jpg
湯治屋と山水閣のつなぎ目にある大浴場。3館共通、外来入浴でも入れます。豊平川沿いの大きな窓は開け放たれ半露天のような趣で開放感たっぷり。意外にも他のお客が入ってくる事はなく大きな湯船を独り占め!!旅館の中で一番気に入って、夜と翌朝2回も入りました。
朝は川のせせらぎの音と新緑がとっても気持ち良かったです!


3日目はいよいよ最終日。40数年ぶりの中尊寺金色堂再訪です。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その11>中尊寺と毛越寺・・・につづく





















岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その9>花巻温泉郷 大沢温泉①山水閣

横手増田近くの十文字ICからガラ空きの秋田道に入り岩手県の花巻へまっしぐら。何とか日が暮れる前に2泊目の花巻温泉郷 大沢温泉に到着。
1200年前に発見されたと伝えられる大沢温泉は、花巻市の郊外、豊沢川沿いに点在する花巻温泉郷のひとつ。
和風旅館の山水閣、築200年以上の昔ながらの自炊部の湯治屋築160年の茅葺古民家の菊水館の趣の異なる3館からなり、宮沢賢治や高村光太郎も愛した老舗温泉宿です。(HP参照)

P52817812.jpg
山水閣と湯治屋を繋ぐ廊下に飾られた子ども時代の宮沢賢治が宿泊した時の写真。
右下の説明文「明治44年宮沢賢治の少年時代 大沢温泉に於いて 仏教講習会記念撮影 前列のシマの着物をきている」

茅葺屋根の情緒溢れる菊水館に宿泊したかったけど、昨年の台風で橋が崩壊して車両通行止めとなり残念ながら休業中。(現在は、昔ギャラリーとして開放されています。)
自炊部は興味はあったけど1泊だけするにはハードル高過ぎなので、一般旅館の山水閣に宿泊しました。

P52817872.jpg
山水閣は豊沢川のせせらぎに面した広い専用ロビーがあり、湯治場というイメージとはほど遠い高級旅館の趣でびっくり!!
部屋はゆったりサイズの12畳で、若くてかわいい中居さんがお世話してくれました。
まずは、食事時間をずらして、部屋から一番近い山水閣の宿泊客のみ利用可能な「山水の湯」へ。
山水閣専用という事で期待したけど、ごく普通の大浴場でした。

P52817792.jpg
湯上がりの休憩処 館内は花巻の郷土色満載です。

P52817802.jpg
磨き込まれた廊下には、花巻の郷土芸能の版画がずらり!!

P52717522.jpg
食事は広々としたモダンなレストランで。

P527175122.jpg
大奮発して、岩手県のブランド牛“前沢牛”の陶板焼き付会席プランに。
これは最初の配膳。この後も食べきれないほど次から次からやってきました。

P52717602.jpg
ゆで蟹があったり、茶碗蒸しには鰻が入っていたり、お吸い物には宮古産の蟹が入っていたりと、とにかく豪華でびっくりする量!!
せっかくのご馳走なのに、お肉のすごいボリュームでお腹いっぱいになってしまい、もったいないけど食べ残してしまいました。

P52717612.jpg
最後のデザートもボリューミィー!これは別腹でペロリ!!

P52817842.jpg
朝食も同じレストランでバイキング!!大きな窓の外は新緑に囲まれ気持ちイイ!!宿泊客はほぼ同世代かな・・・。

P52817832.jpg
朝もたっぷり!!岩手県の郷土料理「ひっつみ汁」や「わんこそば」も!

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その10>花巻温泉郷 大沢温泉②自炊部「湯治屋」と湯めぐり・・・につづく



岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その8>横手市増田重要伝統的建造物群保存地区

角館から、横手に向かう県道で渋滞に巻き込まれ、横手市の郊外の増田重要伝統的建造物群保存地区に到着したのは3時半過ぎでした。

増田重要伝統的建造物群と「内蔵」(うちぐら)
横手市増田は、江戸~昭和初期にかけて、手倉街道と小安街道という旧街道が合流する地点という立地を活かし、生糸や繭、葉タバコの集積地として発展した町です。
内蔵とは、主屋の背面に建てられた土蔵を鞘となる上屋で覆ったものでこの地方独特のもの。

P527168822.jpg実は角館の「石黒家」や「青柳家」にもありました。これは石黒家のもの。屋内に蔵がある事がよく分かりますね。

増田の内蔵の大きな特徴は、通り沿いの狭い範囲に集中して立地して現存している事、通りを歩いているだけではどこに蔵があるか分からないという事。ほぼすべての内蔵は、家屋の奥の方に隠されているからです。
雪害から保護するためにこのような造りになったとも言われ、物を保存する用途だけではなく、その家の当主や家族の居室として使われているものもあります。(横手市HP、町の駅ふっくらブログなど参照)

しかし長い間一般に知られる事はなく、国の伝統的建造物群に指定されたのはつい最近の平成25年。
私がこの町を知ったのは、BSTBS「日本の旬を行く!路線バスの旅」という番組(残念ながら終了しています。)の昨年1月9日放送「乳頭温泉郷をめざす冬の秋田2時間SP」

m_153E697A5E69CACE381AEE697ACE38292E8A18CE3818FEFBC81E8B7AFE7B79AE38390E382B9E381AEE69785sp.jpg
大好きな温泉俳優 原田龍二さんが真冬の乳頭温泉郷と角館、そしてこの横手市増田地区などを旅する内容でした。
実は今回のコースの大部分はこの特番の影響なんです。

駐車場に車を置いて歩き出したけど、ひっそりとした普通の民家ばかりでそれっぽい建物は見当たりません。
薬局が営業していたので尋ねてみると、一筋向こうだと教えて下さいました。

P52717262.jpg
薬局の前には、かわいいケロちゃんとコロちゃんが・・・。

「うちにもあるよ!!」との事で快く見学させて下さいました。
店主の女性の話が面白かった。「この辺りは、内蔵があるのが当たり前で珍しいものとは誰も思わなかった」のだそうです。

残念ながらこの日は町の寄合とかで見学できる商家のほとんどは休みの上に見学時間はどこも4時までで、通りはひっそり静まり返っていました。
無休のはずの中心的施設の観光物産センター「蔵の駅」もお休み!!

P52717382.jpg
町の中は用水路が何筋も通じています。木造家屋なので火事防止ではないでしょうか・・・。

日の丸醸造株式会社(国登録有形文化財)

P52717312.jpg
増田で唯一の蔵元、「まんさくの花」という地酒で有名。
本来は入場料200円(200円分のお買いもの券付)ですが、見学時間が過ぎていて入口だけならと、親切に無料で見学させて下さいました。

P52717362.jpg
貫禄の内蔵 広い屋敷の最奥に鎮座しています。

P52717352.jpg
内蔵の中は来客用のお座敷。
磨き込まれ手入れが行き届いた瀟洒な内部は、この日見学できた中では際立っていました。

P52717332.jpg
この内蔵は酒蔵として使用されています。

P52717342.jpg
最近まで使われていたタンクの外も中も落書きアート?がびっしり!!

旧勇駒(いさみごま)酒造(国登録有形文化財)

P52717422.jpg
平成15年まで200年間も続いた酒蔵でしたが、今はお味噌屋さん兼カフェ。
残念ながらカフェは閉店時間を過ぎていましたが、ここも親切に内部を見学させて下さいました。

P52717402.jpg
「宝暦蔵(ほうれきぐら)」
増田の伝統的建造物群保存地区の中でもっとも古いと言われています。
かなり老朽化が進んでいるようですが、中はギャラリーとして利用されています。

町の駅 福蔵(ふっくら)(旧佐藤與五兵衛家)
P52717432.jpg
本店は秋田の伝統食 「干し餅」で有名な「佐忠商店」。
元は130年以上の歴史ある家屋。「増田一の地主」とも言われ、所有した土地は160町歩以上、小作農は200人を超えていたと資料に残っています。

P52717302.jpg

P52717282.jpg
長い間放置され廃屋のようになっていた建物を買い取り修復したそうです。

P52717442.jpg
家屋の1階前半分は町の駅福蔵(ふっくら)として営業しています。

P52717452.jpg
軽くコーヒーだけのつもりが、オススメだという大好物のぜんざいの誘惑に負けてしまい注文!
甘味を抑えたあずきたっぷりのぜんざいとこんがりお餅メチャクチャ美味しかった~。
ていねいに入れたコーヒーもすっきり美味しい!!

お店の方はとても気さくな同世代の女性でした。そこへオーナーのおじいさんがひょっこりやってきて、いろいろ町のお話をして下さいました。

事前にチェックしていたお店はことごとく閉店でしたが、地元の人達と触れ合えて楽しい2日目の締めくくりとなりました。


岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その9>花巻温泉郷 大沢温泉①山水閣・・・につづく



岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その7>角館と解体新書挿絵画家小田野 直武!!

田沢湖を後にして「みちのくの小京都」と呼ばれ春のしだれ桜と武家屋敷で有名な角館に向かいました。

P52716732.jpg
秋田杉と田植えが終わったばかりの水田が続きます。
途中、秋田新幹線と道路が並行していてラッキーにも“こまち”に遭遇!!

P5271639222.jpg
角館は人気観光地とあって平日にもかかわらずとても賑わっていました。
でも、平日はバスツアーが多いせいか、観光バスが到着するとワーッと人が溢れ、去っていくと静けさが戻る・・・そんな繰り返しのような気がしました。

P52717172.jpg
メインストリートは、武家屋敷の長い黒板塀と葉桜になったしだれ桜が続きます。やはりココは桜の季節に来たいですね!!

古い町並みマニアの私、いつか訪ねてみたいと思ってた憧れの町でしたが、観光向けに修復・整備され過ぎて町並みそのものは期待したほど魅力を感じませんでした。

でも実は、もう一つの楽しみがあったんです。
昨年のNHKの単発正月時代劇「風雲児たち~蘭学革命篇」、前野良沢と杉田玄白を中心とした「解体新書」翻訳に尽力した人達を描いたドラマでした。

o0800080014130852134.jpg
脚本は三谷幸喜ですが、原作はみなもと太郎のマンガ!!それぞれの人物像はコミカルに描いてあるけど、内容はとてもシリアスで見応えのあるドラマでした。

「解体新書」とは西洋解剖学書オランダのターヘル・アナトミアの日本初の翻訳本。小学校の教科書にも載ってましたよね!!
「へぇ~!!」満載のエピソードの中、解体新書の挿絵を原書から模写し描いたのが、秋田藩佐竹家の分家佐竹北家が治める角館の藩士 小田野 直武(通称:武助)だと知りました。
平賀源内が「お供え餅を上から描いてみなさい」と直武に描かせてたというエピソードがあり、ドラマの中でも登場してました。
そして後に旅番組で、角館の武家屋敷で解体新書が見られると知り、ぜひ見てみたいと温めてたんです。

青柳家
P52716782.jpg
1773年7月、平賀源内が銅山の技術指導のため角館を訪れ直武の出会う。絵の才能を見抜いた源内は、銅山「吟味役」という肩書で江戸に呼び寄せました。
そして、杉田玄白と源内が親友だった事から、原書の挿絵を写す役として白羽の矢が立ったのでした。

P527163923.jpg
青柳家は、直武関連の資料がとても充実していて興味津々!!隅から隅まで、説明文まで読みあさり釘付けになってしまいました。

P527163924.jpg
「解体新書」は5分冊の書籍。
歴代の青柳家当主が銅山の管理を担う「南部境目山役」という役職だったのが縁で、直武及び解体新書の資料が保存されたらしいです。

P52717092.jpg
あとがき~我が友人杉田玄白が訳す解体新書が完成した。・・・自分のような才知のない者が取り組むべきものではないだろう・・・とても謙虚ですね!!


P52717072.jpg
原書の表紙は、裸の男性が描かれていましたが、日本では“マズイ”ので直武はうまく〇〇を隠して描きました・・・とさ!!

P527171122.jpg
オランダの「ターヘル・アナトミア」の原書~トリハダ!!

P52717142.jpg
この銅像は、ドラマの後設置されたのでは・・・。

P52717062.jpg
広い屋敷内には他にも武具や骨董などのいろいろな資料館、和食レストランやカフェなどもあり、ちょっとしたテーマパークみたいでした。

石黒家
P52716952.jpg

P52716802.jpg
青柳家のすぐ隣。現存する角館の武家屋敷の中で格式が一番高い家柄の屋敷で、藩の財政を担当し、医学や薬学にも熱心に取り組んでいたそうです。

P52716822.jpg
玄関を上がると珍しい武者人形の雛壇が飾ってありました。

P52716842.jpg
スタッフが簡単に屋敷の構造の説明をしてくれます。

P52716832.jpg
計算された亀の映りこみ!!屋敷そのものはとても質素なのに、こういう目立たない箇所が凝ってるんです。

P52716862.jpg
スタッフさんが快く記念撮影もしてくれます。

P527168822.jpg
家の中に蔵が大型金庫?!

P52716932.jpg
こちらにも、「解体新書」がありました。解体新書は木版による印刷物なのでいろいろな関係者に配られたって事ですかね。
初版本は石黒家に保存されているそうですが、展示されていたのは残念ながら江戸後期の復刻版だそうで・・・。

いい天気だというのに二つのお屋敷でまたまた長居してしまいました。時間制限がないのは個人旅行の利点でもあり欠点でもありますね。

P52717182.jpg
昼食は、比内地鶏の親子丼で有名な「桜の里」へ   
人気店ですが、お昼を過ぎていたのですぐ入る事ができました。

P52717202.jpg
有名人のサイン色紙がいっぱい!!「旅サラダ」の取材でヒロド歩美ちゃんも!!

P52717212.jpg
きりたんぽ~秋田に来たらやっぱりコレ食べなくちゃね!!こんがり香ばしくて美味しかった!!(チョットかじってしまってます。

P5271723152.jpg
観光地に来ると、つい“名物食べなきゃ観念”に追い込まれがち!!ボリューミィな朝ごはんしっかり食べてお腹空いてないのに稲庭うどんとのセットを注文してしまい、美味しかったけどお腹パンク!!
二人で、親子丼と稲庭うどん単品頼んでシェアすれば良かったと少し後悔です!!

次は、この日3ヶ所目、横手に向かいました。
岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その8>横手市増田重要伝統的建造物群保存地区・・・につづく

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その6>田沢湖畔で秋田犬とご対面!!

前日夕暮れの田沢湖を見て、翌朝にぐるっとリベンジ一周ドライブしました。
田沢湖は、周囲約20キロメートルのほぼ円形のカルデラ湖、水深423.4メートル、日本一の深さを誇っています。
まだ朝だからからか湖畔の周遊道路は、車も少なく快適!!

P52716392.jpg
田沢湖のシンボル辰子像~ここはやっぱりはずせませんね!!幸いバスツアーと遭遇する事もなくとっても静かでした!!

P52716442.jpg
辰子像の周りには小さな魚がいっぱい泳いでましたが、波打ち際の水面は流木やら心ないゴミまで流れ着いていて、白い泡のようなものが漂ってました。

実は、ここ、イ・ビョンホン氏&キム・テヒ主演の韓国ドラマ「IRIS-アイリス」のロケ地で、放送後韓国観光客が殺到したとか。
日韓関係悪化で、今は誰も来ないでしょうけど・・・。あの頃は韓流ブーム真っ最中でTBSで放送されましたが、地上波の放送にバッシングがありましたね!!

P52716492.jpg
息を呑む美しさ!!バックの山は秋田駒ヶ岳!!
水のある風景は天気の良し悪しで感動の度合いが違いますよね。今回の旅は絵葉書のような絶景の連続でホントにラッキーでした。

P52716552.jpg
辰子像のすぐ傍にある浮石神社
金運が上るとかで、ありがた~い御朱印をいただきました。

P52716632.jpg
御座石神社
辰子姫が飲んで龍になったと言われる「潟頭の霊泉」、辰子姫が姿を映した「鏡石」などもあって若い女性に人気だそうです。

階段上るのしんどいから下で待ってるわと言う夫!!そらメタボになるわ!!

P52716622.jpg
茅の輪くぐり(この輪をくぐると罪やけがれを除き心身が清らかになる)
作法の説明書きに従って茅の輪くぐりをして参拝、ここでも御朱印をもらいました。

P52716612.jpg
湖畔の朱塗りの鳥居と田沢湖ブルーのコントラストが素晴らしい!!

P527163922.jpg
遊覧船が通ると、一瞬サーッと静かな湖面が大きく波立ち、まるで湖面が生きてるようだった。
湖水の美しさは、私の拙いカメラワークでは表現できません。ものすごく深いです!!

ぐるっと1周しておみやげ屋さんが並ぶ賑やかなエリアに戻ってきました。
田沢湖共栄パレス」というドライブインへ!!ここには、ザキトワ選手の愛犬マサル君で大ブレイクの国の天然記念物“秋田犬”と“比内鶏”が見学できるんです。
おみやげを買うと無料で見学できますが、見学だけだと200円必要です。たぶん犬だけ見学していく団体客が多くてこういう措置を取ったんでしょうね~。
お義理で「秀よし酒ようかん」と秋田銘菓「秋田諸越」を買い求め、3匹のわんちゃん達とご対面です!!

P52716652.jpg
一番人気の天空(そら)くん!!超カワイイ!!

P52716662.jpg

P52716722.jpg
この子は、次から次からやってくる観光客にウンザリぎみ?!もう1匹はずっとふて寝!!

この後、枝垂桜と武家屋敷で有名な「角館」に向かいました。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その7>角館と「解体新書」の挿絵画家小田野 直武!!・・・につづく





岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その5>「駒ヶ岳温泉」から憧れの「鶴の湯温泉」へ!!

夕食後、ロビーに集合して送迎車でお楽しみ「鶴の湯温泉」に向かいました。
デラックスな田沢湖温泉郷の温泉街を抜けてしばらくすると舗装されてない狭いガタガタ道をしばらく走り続けます。まさに秘湯へのアクセス!!

P52616102.jpg

P52615962.jpg
暗くてよく分かりませんが、入口入ってすぐの左側がテレビによく登場する“本陣”。
秋田藩主が湯治に訪れた際の警護の家来の宿泊所です。

実は鶴の湯温泉は本陣だけでなく、奥までいろいろな宿泊棟があるんです。ちょっと建て増し感が・・・。
また、混浴露天風呂が有名ですが、白湯、黒湯、中の湯、滝の湯という名の4つの源泉が敷地内に湧いています。

送迎のマイクロバスから降りると、他の人達はいっせいに有名な混浴露天風呂へ行ってしまいました。

ダウンロード.jpg
明るかったらこんな感じ!!(ネットからお借りしました。)

ちょっと普通の人とテンポがずれてる私達夫婦は、間違って内湯に入ってしまいました。でもかえってこれがメチャ良かった!!↓

P52616012.jpg

P52616022.jpg
誰も入ってくる事なかったので、秘湯感満載の極上のにごり湯をゆったり貸切独占!!
たぶん白湯だったと思います。(間違ってたらゴメンナサイ!!

混浴露天風呂は、入っている人が多かったので夜とは言え落ち着かなくてすぐ出てきて、小じんまりした女性用に入りました。
P52616052.jpg
女性用露天風呂にも小さな内湯が併設されてました。にぎやかなグループが去ってまたまた独り占め!!

P52616082.jpg
山間の湯治場の趣満載の売店!!小銭ぐらい持ってくれば良かった!!

滞在時間1時間はあっと言う間に過ぎてしまいました。

P52616142.jpg旅館に戻ってから、旅館の大浴場に行きました。またまた源泉かけ流しの贅沢な温泉をお一人様貸切!!
私好みのとっても風流な造り!!湯の花がぷかぷかほんのり白濁のお湯はとてもやわらかくて気持ち良かった~!!

含硫黄 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)(旧泉質名 含石膏・正苦味・食塩ー硫化水素泉)(低張性・弱酸性・高温泉)
泉温 源泉56.8度(HPより)

P52616132.jpg
広々大浴場前の休憩コーナー

P52716192.jpg
大浴場併設の露天風呂 朝風呂は旅の醍醐味ですね~!!

P52716222.jpg
温泉棟の外観もとっても風流!!

P52716212.jpg
温泉棟とは別に裏手の渓流沿いに二つの無料貸切風呂があって、宿泊者は空いていればいつでも鍵をかけて入れるんです。

P52716232.jpg
さらさらと流れる水音を聴きながらの朝の湯あみは最高でした。

結果的に、にごり湯は嬉しいけど人が多すぎて落ち着かない鶴の湯温泉より、大自然の中、静かでゆったりできる駒ヶ岳温泉に宿泊したのは大正解だったと思います。
(ただしこの旅館、日帰り入浴時間9:00~19:00なので、週末は落ち着かないかも!!

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その6>田沢湖畔で秋田犬とご対面!!・・・につづく





岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その4>名湯と美食の一軒宿「駒ヶ岳温泉」!!

1日目の宿泊は秋田駒ヶ岳の中腹に広がる田沢湖高原内の水沢温泉郷の最奥に佇む一軒宿「「駒ヶ岳温泉」さん!!」さん。和室7室 洋室2室だけの小じんまりした旅館です。
こ1日目の宿泊は秋田駒ヶ岳の中腹に広がる田沢湖高原内の水沢温泉郷の最奥に佇む一軒宿「駒ヶ岳温泉」さん。
和室7室 洋室2室だけの小じんまりした旅館です。

ここは、予約がなかなかとれないあの有名な乳頭温泉郷の秘湯一軒宿「鶴の湯温泉」さんの姉妹館なんです。
「鶴の湯温泉」のHPのリンクで知りました。
迷わずここに決めたのは、夕食後、無料で「鶴の湯温泉」まで送迎してくれて、日帰り入浴時間外、宿泊入浴する人も少ない時間にゆっくり入る事ができるから・・・。
しかも、私達夫婦が宿泊した8畳間は11500円(税・サ込)の低料金!!
それを、貯まってた旅行サイトのポイント投入したら何と9100円也!!
食事がおいしい、お風呂も最高!!静かで落ち着ける、鶴の湯のお風呂も楽しめる、結果的に選んで良かった文句なしに◎の旅館でした。(いつも書いてますが私基準ですので悪しからず!!

まずは、お風呂に入ってさっぱりしたかったけど、到着が遅かったのですぐ食事でした。{%フォーク&ナイフ(カシャン)hdeco%}

P52615842.jpg
食事はこざっぱりした食事処で!!
寒い地方は味が濃いイメージですが、ここのお料理はどれも食べやすいまろやかなお味!!

P52615852.jpg
ちょうど、雪解けの山菜の旬の時期なので、前菜はめずらしい山菜のオンパレード!!お造りは虹鱒の洗い、同じく虹鱒の塩焼き、秋田名産比内地鶏の壺蒸し・・・。

P52615902.jpg
メインの八幡平ポークの陶板焼きでお腹パンパンになった頃、鶴の湯さんの有名な“山の芋鍋”と同じレシピのお鍋が運ばれてきます。

P52615862.jpg
さっぱり美味しい本場“いぶりガッコ”!!ごはんはもちろん秋田こまち!!

P52615922.jpg
さらに、パンク状態のところに、旅館の名物“十割そば”登場!!さすがに食べきれなくて、夫は大の蕎麦好きなので半分食べてもらいました。

P52615932.jpg
デザートは熊笹のシャーベット。熊笹とびっくりしたけど、これもメチャクチャさっぱり美味しかったです~。

どれも決して贅沢な材料を使っている訳ではないけど、心の籠った手作り感あふれるおいしいお料理でした。

P52716282.jpg
朝ごはんも、いろいろ少しづつたっぷり!!ぶっかけ用の卵は、ぜいたくに比内地鶏の卵です。
最近は、朝食はバイキングが多いけど、こんな正統派和食の朝食イイですね~!!

P52716182.jpg
部屋の窓の外はさわやかな渓流!!

P52716342.jpg
色白秋田美人のスタッフさんが撮って下さいました。

(お風呂は、鶴の湯温泉入浴体験と一緒に別記事でレポートします。)

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その5>「駒ヶ岳温泉」から憧れの「鶴の湯温泉」へ!!・・・につづく


岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その3>残雪のアスピーテライン

岩手山焼尻溶岩流を後にして、岩手山山麓を走る樹海ライン経由で八幡平アスピーテラインに入りました。
八幡平アスピーテラインは、岩手県・秋田県をまたいで広がる八幡平を横断する絶景山岳ドライブコースです。
付近一帯は、有数の温泉地帯でもあり、道路を走っていると湯けむりの上るのが見え硫黄の匂いが立ち込めています。
ここに来るのは2回目。1回目は遥か昔20歳の時、生まれて初めてのひとり旅です。その時、バスの車窓から見た雄大な景色が忘れられなくて、いつか再訪したいと思ってました。
高速道路乗り放題なんだから東北道のICに入ってしまった方がすんなりアスピーテラインに入れるのに、“樹海ライン経由”にこだわりナビを頼りに走ったらとんでもない細い道に入り込みまた時間のロス。
やっとアスピーテラインに入った頃にはもう3時を過ぎていました。

P52615582.jpg
バスだと容赦なく通過してしまう風景も車なら好きな所で停車して眺める事ができますね!!

P52615622.jpg
源太岩展望所

P52615632.jpg
八幡平山頂付近から岩手山遠望 結局この日1日ずう~っと岩手山麓360度ぐるっと周った事に!!

P52615642.jpg


P52615652.jpg

P52615672.jpg
4/15に開通した山頂付近では、「雪の回廊」の名残りが・・・。
八幡帯山頂付近は秋田県と岩手県の県境です。岩手県側は眺望が開け快適なドライブウェーですが、秋田県側はくねくね暗い雑木林の中の狭い下り道が続きました。

この日の本来の目的は、アスピーテラインを通って、ディープな後生掛温泉玉川温泉の掛け持ち温泉三昧の筈だったんですが・・・。

P52615682.jpg
アスピーテライン沿いの一軒宿 後生掛温泉 「馬で来て足駄で帰る後生掛」と言われるほど高い効能なんです。
日帰り入浴3時で終わりで間に合わず。早過ぎ!!

P52615692.jpg
PH1.2日本一の強酸泉と天然ラジウム放射線の岩盤浴で有名な玉川温泉

P52615712.jpg
付近一帯硫黄が充満!!

P52615722.jpg
岩盤浴もちょうど終わったところで、皆さん帰って来るところでした。
わざわざレジャーシートや、おんぼろバスタオルやら持ってきたのに・・・。
またいつか歳を重ねてからリベンジしたいヨ~!!
でもねぇ~、後生掛温泉も玉川温泉も昔訪れた鄙びた湯治場のイメージとは程遠く立派な温泉旅館になってしまってて ちょっと拍子抜け!!

秋田側の下りは時折、秋田駒が岳が見え隠れ!!この日の宿泊はこの駒ヶ岳の中腹の駒ヶ岳温泉です。日が暮れる前に辿りつくか不安がよぎりましたが、幸い夏至に近い5月の終盤、6時を過ぎても明るくて無事山を降りる事が出来ました。

P52615782.jpg
突然視界が開け、深いコバルトブルーの湖に遭遇。地図で調べたら宝仙湖という玉川ダムのダム湖でした。夕暮れの静寂の湖面に山が映り込み思わず息を呑む美しさ。

P52615822.jpg
山岳地帯を無事抜け切って日没寸前の田沢湖到着。付近のみやげ物店も閉まり人通りもなくひっそりと佇んでいました。

この日の宿泊は田沢湖湖畔から15分程、田沢湖高原内の水沢温泉郷の一軒宿「駒ヶ岳温泉」さんです。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その4>名湯と美食の一軒宿「駒ヶ岳温泉」!!・・・につづく

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その2>小岩井農場~岩手山焼尻溶岩流

1日目の観光1ヶ所目は小岩井農場
岩手山南麓に敷地面積約3,000ha、日本最大の民間総合農場です。
Wikipediaによると、
1891年(明治24年)、日本鉄道会社副社長の小野義眞(おのぎしん)、三菱社社長の岩崎弥之助、鉄道庁長官の井上勝の3名が共同創始者となり3名の姓の頭文字を採り「小岩井」農場と名付けられた。

P52615352.jpg
広大な農場の一部は「まきば園」というテーマパークになっていて有料ですが、牧草地の中を県道が南北に通じていて爽快に走り抜ける事ができるんです。

P52615372.jpg
ちょうど菜の花やレンゲツツジが咲き乱れ、新緑とのコントラストが素晴らしい!!

P52615362.jpg
農場内の施設21棟は、すべて明治末期から昭和初期にかけての建築でその多くが今も現役。国の重要文化財に指定されています。

P52615422.jpg
残雪の岩手山をバックに孤独に立つ1本桜。
この桜は明治の入植時に記念に植えられたそうです。100年以上もこの農場の開拓の歴史と発展を孤高に見つめてきたんですね!!
ちょうどGW頃に見頃を迎えるそうで、さぞ綺麗だろうけどきっと人も車もいっぱいでしょうねぇ・・・。
葉桜とは言え私たち夫婦だけでこの絶景を独占できる贅沢ョ!!

1本桜のすぐ近くに小岩井乳業の小岩井工場があり無料で見学できるんです。休憩を兼ねて入ってみました。意外に小じんまりでこの日は半分だけ操業してました。当たり前の事ですが、売店で買った牛乳メチャクチャ美味しかった~。

P52615472.jpg
工場前の風景です。宮沢賢治がイーハトーブ(理想郷)と名付けた世界が今も息づいています。
透明な空気感と静寂は私の拙い画像からでは伝わらないかも知れません・・・。

小岩井農場はさらっと通り抜けるだけのつもりだったのに、あまりにも気持ち良すぎて長居してしまい、大幅に時間がずれてしまいました。


次は、出発2日前にGOOGLEマップで偶然見つけた特別天然物「岩手山焼尻溶岩流」。
P52615542.jpg
GOOGLEマップで見たら小岩井農場の近くだったので、せっかくだから寄ってみようと思ったのが大きな間違い!!

雄大な岩手山の裾野に広がる原生林の中をぐる~っと周り、走れど走れど辿り着けません。
私は不安になってもうやめとこうと言ったけど、運転好きの夫、その深い原生林内のくねくね1本道が気に入ったのかおかまいなしにどんどん走り続けます。
結局、岩手山の山麓ほぼ半周した事に!!どうやらナビを頼り過ぎて遠回りしてしまったようです。

途中陸上自衛隊のトラックの長い隊列に遭遇してびっくり!!こういう人の入らない奥地で訓練してるんですね。

P52615502.jpg
岩手山の噴火によって吹き出した熔岩が、山肌を流れるままに冷えて固まってできたもの!!
これまでの原生林とは対照的に不気味なほど荒涼とした風景が拡がっています。

P52615572.jpgこんなごろごろの石ころの中でも植物はたくましく育つんですね~。

せっかくやっとたどり着いたんだから少し遊歩道を歩いてみたかったけど、とにかく運転は好きだけど歩くの嫌いな夫。結局入口付近だけ!!

この後、アスピーテラインを通って秋田方面に向かいました。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その3>残雪のアスピーテライン・・・につづく



岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その1>スカイマークで空から絶景ウォッチング!!

夫と二人で、昨年に続き、またまた神戸空港から、スカイマーク神戸-仙台便を利用して東北旅行に行ってきました。
と、言っても4ヶ月も前!!ウェブリの大規模リニューアルがあったので、落ち着いてからUPするつもりが、そのうちほったらかし常態に・・・。
でも、旅の記録ブログは私のライフワークのひとつなので、遅ればせながらぼちぼち少しずつUPする事にしました。
いつもの事ながら私のダラダラレポート、何本で終わるかわかりませんが、もしお暇なら読んでみて下さいね。少しでも今後の旅の参考にしていただければ嬉しいです!!

北海道よりハードルの高い東北旅行を手軽に楽しめるようになったのは、私の御用達ありがた~いスカイマークの「いま得チケット」のおかげ!!
チケット発売日直後に、コースも決めずど根性で取りあえず往復二人分ゲット。何と神戸-仙台片道5100円也!!
その後、4ヶ月近くもいろいろ調べてコース作り!!昨年は列車とレンタカーの併用でしたが、今回はかなり交通不便な地域なので、まるまるレンタカー移動です。
勝手に名付けて“エア&レンタカー”これは便利!!夫が元気なうちは今後もこのパターン当分続きそうです!!
ツアーの方が安くつくしラク!!と言う人も多いようですが、旅マニアはこのプランを考える時間が楽しみなんです。
(何だか毎回同じ事書いてるような・・・。

飛行時間わずか1.5時間、行きは神戸AM7:20発、帰りは仙台19:25発 なので2泊3日でも、たっぷり朝から晩まで楽しめました。

当初の予定コースはこんな感じです。↓

1日目~仙台空港-(レンタカー)-(仙台東部道路→仙台北部道路→東北道)-小岩井農場-岩手山焼尻溶岩流-八幡平アスピーテライン-後生掛温泉-玉川温泉-駒ヶ岳温泉(泊)

2日目~田沢湖-角館武家屋敷群-横手増田内蔵群-(秋田道)-大沢温泉(花巻温泉郷)(泊)

3日目~中尊寺-毛越寺-猊鼻渓-一ノ関-仙台空港

ざっとこんな感じ、プラン通りとは行かなかったもの、スタートから好天に恵まれ充実したドライブ旅行になりました。


P52615142.jpg
お馴染みスカイマークの真っ赤なハート
わずか5100円で空から絶景ウォッチング!!アリエヘン!!

P52615102.jpg
日本の屋根をひとっ飛び!!手前は中央アルプス、遠くに北アルプスも!!

P52615162.jpg
南アルプス上空~反対側の窓からは富士山が見えていますっていう機内アナウンスがありました。残念!!

P52615202.jpg
草津白根山の湯釜と浅間山??・・・たぶん!!

上空を飛んでいたのはわずか1時間程、着陸態勢に入ると撮影できなかったけど空港までず~っと宮城県の海岸線を北上、旋回しながら低空飛行でした。

P52615212.jpg
AM8:50仙台空港着 何と懐かしタラップ!!

P52615222.jpg

P52615232.jpg到着ロビーの奥に各レンタカー会社のカウンターがあるんですが、レンタカーの営業所は空港周辺にあって、そこまで送迎車で向かいます。
のんきに空港の通路から飛行機の離着陸眺めてたら、送迎車に乗りそびれ30分も足止めに合い、いきなり時間ロス!!

P52615242.jpg
画像では分かりにくいですが、遠くに昨年行った蔵王連峰が望めました。

P52615252.jpg
ガラ空きの東北道を北上!!

ちょうど東北の高速道路乗り放題の「東北観光フリーパス」のキャンペーン中!!
「北東北周遊プラン」3日間8,500円 SA・PAや観光施設で割引優待が付いててとってもお得!!
と、言いたいけど1日目は日曜日だったのでそれほどメリットなかったかな

P52615312.jpg
矢巾PAの「やまなか家」で盛岡3大麺(わんこ蕎麦、盛岡じゃじゃ麺、盛岡冷麺)の一つ、盛岡冷麺がを食べてみました。

P52615262.jpg
「やまなか家」は、東北中を網羅する盛岡冷麺と焼肉のチェーン店ですが、ここ矢巾PA下り店は、高速を降りずに本場の味が食べられると人気のお店です。
ちょうどお昼時なのでとても賑わってました。初体験に期待が膨らみます。

P52615292.jpg
が・・・、透き通ったコシの強い麺は今まだ食べた事のない食感でスープも何だか不思議な味!申し訳ありませんが私の口には合いませんでした。スイカはそのままで食べた~い!!
でも、優待チケット提示でコーヒーサービスしてもらってお得!!

P52615322.jpg
東北道花巻南-盛岡南27㎞の時速120㎞試験走行区間をブッ飛ばし!!景色走ってて私ヒヤヒヤ、父ちゃんゴキゲン!!
どんどん岩手県のシンボル岩手山が迫ってきます!!

盛岡南ICを出て、いよいよ1日目最初の目的地「小岩井農場」へ向かいました。


岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その2>小岩井農場~岩手山焼尻溶岩流・・・につづく






フィギュアの演技構成点採点厳格化に思う事!!

フィギュアスケートの演技構成点採点より厳格化

「重大なエラーがあった場合の演技構成点の上限」が決められた。昨季のルール改正でも上限が決められたが、しっかりと運用されなかったため、さらに厳しい減点になったのだ。

<重大なエラーがあった場合の上限~『スケート技術』『つなぎ』『構成』は9.25点まで。『演技力』『音楽解釈』は8.75点まで」>

 重大なエラーとは「プログラムが中断され、構成や音楽との関係、連続性、流れるような美しさに影響を与えるもの」を指す。転倒は確実に含まれ、ステップアウトは演技の動きを途切れさせるようなものであれば、重大なエラーになる。
またトップスケーターからは大幅に得点が引きにくいというジャッジ心理も踏まえて、こう注意書きが加わった。
「稚拙なスケーターから卓越したスケーターまで、あらゆるスケーターに適用」
「演技が途切れるようなミスがあった場合、プログラムの芸術性が失われるのだから、技術の得点だけでなく演技の得点も減点されるべき」という国際スケート連盟の考え方だ。つまりミスがあった場合、技術も表現も二重に減点されるというルール。
・・・NumberWeb 9/19 20:00 より抜粋引用。

今季のより厳格なルール改正は、羽生くんのようなトップ選手にも容赦ないという事なんですね。

20180923-00097964-roupeiro-000-6-view.jpg
先日の“カナダオータムクラシック”FS、冒頭2本の4回転ジャンプでステップアウトし、演技構成点が伸びませんでした。
確かに演技の“見た目”は落ちるけど・・・。

以前から、選手のネームバリュー及び最終グループに入らなければ演技構成点が押さえられる・・・と疑問に思っていました。
今季のルール改正で不透明だった演技構成点にメスが入った事は納得です。技術点と演技構成点は公正に連動するって事なんですね。

憶えてますか?ソチ五輪での浅田真央選手とキム・ヨナ選手のフリーの演技!!
ただ、淡々と無難にまとめたキム・ヨナ選手の得点は、
技術点69.69 演技構成点74.50 計144.19 2位
一方、失敗を恐れず果敢に3アクセルに挑み、気迫に満ちて魂のこもった浅田選手の演技の点数内訳は・・・。
技術点73.03 演技構成点69.68 計142.71 3位
つまり、技術点は浅田選手の方が3.37も上回っていたのに、演技構成点は4.82も低く抑えられていました。
キム・ヨナ選手の合計点は2位でしたが、演技構成点のみで見ると1位だったそうです。
世界中の人々が感動し絶賛した浅田選手の演技より、無難にまとめて退屈だったキム・ヨナ選手の方が5点近くも高いなんておかしい!当時怒りすら覚えたものでした。

でも、ちょっと待った!!と言いたいです。
演技構成点の減点を恐れて、難度の高いジャンプを敬遠する事になっては、スポーツとしてのフィギュアの面白さが後退するのでは・・・と素人フィギュアオタクながら懸念しています。
バンクーバー五輪で3回転しか飛ばなかった選手が無難にまとめて優勝し、4回転を跳んだプルシェンコ選手が疑問を投げかけた事が出発点でルール改正が行われ、4回転にチャレンジする選手が増えた筈なのに・・・。

「セミオトコ」~たまにはイイネ!こんなふわふわゆるゆるドラマ!こういうのをファンタジーって言うんだよね!!

セミオトコ
セミオトコ-650x720.jpg

「なんて素晴らしい世界なんだ!!」

セミオくんは、くぎことねじこが経営するアパート「うつせみ荘」の庭の土の中から、この夏羽化して地上に出て来た蝉の王子様。

生まれてこの方いいことなんて全くない人生を送って来たさえないアラサー女子おかゆさんの前に現れ、こう言いました。
「あなたの望みを叶えるから、7日間、一緒にいて良いですか?」

セミオくんは、甘~いメイプルシロップが大好物!!セミオくん自身もメイプルシロップみたいにとっても甘~いルックスに甘~い性格!!

セミオくんは、おかゆさんだけでなく、住人ひとりひとりが抱えていたつらい過去をそっと包んで癒してくれて、はじめバラバラだったけど、しだいに一つになっていきました。

素敵過ぎる7日間だけのファンタジー!!どんなラストを迎えるんだろうと見守ってたけど、最後までほんわか癒されました。

セミオくんが借りた人間の姿は、おかゆさんの部屋に貼ってあった「国分寺中央食品」のポスターのモデル!!
セミオくんが消えてしまってシンミリしてたら、次のシーンで派手なスポーツカーに乗ってご本人登場で笑いころげました。

そして6年後、セミオくんがまた現れハッピーエンド!!
二人は6年毎の夏にず~っと再会して愛し合うって事!!せつないけど素敵な恋が永遠に続いていくんですね!!


ファンの皆さんには申し訳ないけど、私はどうもどこにでも顔を出す〇〇事務所のアイドルはニガテです。バラエティは許容範囲だけどドラマは・・・。まるで白くてデッカイ根菜!!

でも、セミオくんを演じる山田くんは良かったナ~!!中性的な甘いルックス、ファンタジックなこの役は山田くんしかできないでしょ!!

5ebea2cf4f64594fc5b3ac56dd313f7b.jpg
山田くんだけじゃない、キャストみんながそれぞれ自分の役を楽しんでいるのが伝わってきて実にイイ!!

芸達者なおかゆさんの子役ちゃん、木南さんとイメージぴったりシンクロしてて、しっかりもうひとりのヒロインになってましたWA。

そして、こんな素敵なドラマがなんで深夜ドラマなんだ~って思ってしまいました。
ゴールデンは殺人事件がらみの刑事&医療ドラマだらけ!!
「セミオトコ」は、家族揃って見れる超安心ドラマ、ゴールデンなら10%超えてたかも!!












いよいよフィギュアの季節がやってきた!羽生くん カナダ オータム クラシックに出場!!

いよいよフィギュアの季節がやってきた!!

羽生くんが、14日深夜から早朝にかけて(02:50~04:15 男子SP)カナダ オータム クラシックに出場します。

↓注目の公式練習後のインタビュー

―けがをした足の状況は。

「やっと、ここ4週間くらいで痛み止めをやめることができた。やっとよくなってきたかなと思います」

 ―今季のプログラムは。

 「ショートプログラム(SP)、フリーともに昨季使った曲でやろうと思っています。自分の中でまだ完全燃焼しきれなかったという気持ちもありますし、昨季けがで、出たい試合も出られなかったという気持ちもあったので。また、プログラムを完成させるためにも、この気持ちのこもったプログラムをしっかりやりたいなと思います」(朝日新聞DIGITAL 9/1317時30分 より)

DpHyXFmWsAA2kTf.jpg

昨季SP「秋によせて」・・・今季も再チャレンジ!!


プログラムはたぶんそうだろうと思ってました。

試合の模様は、明日朝の各情報番組で放送あるでしょうね!!楽しみ~!!