青森~道南夫婦旅行<その20>最初で最後の北海道新幹線乗車体験!!

IMG_20200611_1506102.jpg
新青森駅

駅前にはレンタカー屋さんが並んでてスムーズに返却できました。
弘前-新青森間は乗り捨て料金無料です!!

P61135152.jpg
駅構内は、弘前のねぷた、青森のねぶた、五所川原の立佞武多が仲良く並び、青森の玄関口をしっかりアピールしてます!!

P61135162.jpg
こちらは、青森出身 棟方志功の「二菩薩釈迦十大弟子」

いよいよ新幹線で北海道に向います。
これまでに北海道へは、青函連絡船で上陸2回、飛行機で2回の計4回行ってますが、新幹線で上陸は始めてでワクワクです。 
新青森-函館 立席特急券で7630円×2人分 高!!
(立席特急券とは全席指定の場合に空席があれば座れる切符) 
帰りの新千歳→神戸のスカイマーク 「いま得」で6800円なんですけど・・・。

P61135202.jpg
車内はこの通りガラ空きだったので立席特急券で十分!!

IMG_20200611_1535142.jpg
津軽平野疾走中!!

この列車「はやぶさ」だけど、新青森-新函館北斗は各停。
日本一の新幹線ローカル駅と言われている青森側の奥津軽いまべつと北海道側の木古内に停車します。なるほど「奥津軽いまべつ」は“なぜここに新幹線の駅があるん?”の岐阜羽島よりスゴイです~!!

「奥津軽いまべつ」を出てまもなく“青函トンネルに入る”アナウンスがありましたが、木古内手前までずっとトンネルのままで、いつ北海道に上陸したのかわからず!
木古内でいったん外に出たけど、すぐにまたトンネルに入り、結局新函館北斗駅手前まで半分以上トンネルの中で、“津軽海峡海底潜った感”も♪はるばる来たぜ は~こだて~♪感もなく・・・。

IMG_20200611_1635062.jpg
それもそのはず、ここは函館市ではなく隣の北斗市なのであります~。

IMG_20200611_1634292.jpg
新函館北斗駅で・・・。新青森で撮りそびれたはやぶさ 鼻メチャ長~い!!

IMG_20200611_1634492.jpg
ちょっと恥ずかしのプチテッチャン中!夫飽きれ顔!!

fdf748f649db66fd2.jpg4715.jpg
コロナ自粛中、ちょうどCSで高倉健さん主演、吉永小百合さん共演の「海峡」と言う映画が放送されてました。青函トンネルの工事を担う人々の苦難を描いた映画です。
映画によると、青函トンネルは距離が短い下北案が有力だったそうですが、下北側は海底まで深くて岩盤が硬いので難しいということで竜飛案に決まったそうですよ。

青函トンネルが開通したのは、私たち夫婦が結婚した翌年の1988年。
開通当時は津軽海峡線が通ってて、青函トンネル内には「竜飛海底駅」と「吉岡海底駅」がありました。
夫がリタイアしたら夫婦でトワイライトエクスプレスに乗るのを楽しみにしてたけど、それも叶わずじまい。

300px-WestJapanRailwayCompanyTypeEF81-1.jpg
12時頃、大阪駅で停まってるのをよく見かけました。

そして、今回実現したのが東北・北海道新幹線1時間乗車。
念願叶った青函トンネル体験はあっけなく終わりました。
なんだかな~。でも色の付いた新幹線一度乗ってみたかったんで、ま~良かったかな!!
でも二度目は絶対ないです!! 

IMG_20200611_1639052.jpg
そっけない在来線の新函館北斗駅
はこだてライナーは新函館北斗と函館を繋ぐだけのベンチシートの各停列車でした。
なんとも味気ない!!

IMG_20200611_1708562.jpg
20分で函館駅到着。
右端は木古内~函館間の海岸線を走る道南いさり火鉄道。(路線は五稜郭までですが、五稜郭-函館はJR乗り入れです。)
天気が良ければ木古内で乗り換えて、のんびり津軽海峡を眺めながら函館INも考えてたんですが・・・。

IMG_20200611_1711102.jpg

IMG_20200611_1715412.jpg
地方共通、列車は少ないけど駅は立派!!


青森~道南夫婦旅行<その21>函館ベイエリアのスタイリッシュホテルと函館の夜・・・につづく