アガサクリスティ原案「復讐の女神」視聴!!

復讐の女神

復讐の女神.jpg
少女が残酷な方法で殺される。殺人容疑で逮捕されたのは遺体の第一発見者である実の母親。無実を訴えながらも無期懲役で投獄されてから9年。収容されていた医療刑務所からの脱獄に成功した女を刑事のハン・テギュは追跡する。数カ月後、女はある町で推理小説家のマ・ジウォン(ミス・マ)として生活しながら、娘を殺害した犯人の情報を得ていた。そんな中、静かな町で事件が次々に起こる。(フジテレビTWOより)

アガサクリスティの「ミス・マープル」のシリーズを題材にしたドラマです。シリーズの中に同名の「復讐の女神」があるらしいけど、全く別物。トリックや殺人の手口など、「ミス・マープル」のシリーズを拝借していると思われなかなか面白いです。

(ココからネタバレあり注意!!

自分の娘を殺害し顔をつぶすという惨忍な殺人者に仕立て上げられ、9年も医療刑務所に服役。
刑務所内で見た映画がきっかけで脱獄を決意。刑務所の看護師に変装、さらに一般見学者に紛れ、スルリと脱出。
さらに、自分と顔がそっくりな実在のミステリー作家“ミス・マ”に成りすまし(こういうところ、いかにも韓国ドラマのご都合主義ですが・・・)、事件が起きた町で暮らしながら真犯人探しをします。
静かな町で次々と殺人事件が起こりますが、どの事件も自分と関わりのある人物や、唯一の目撃者の女優と関わりのある人物。

自分の娘を殺した真犯人は最初からおおよそ想像がついたけど、共犯は意外な人物だった。
でも、終盤で明かされる動機が実にくだらないというか韓国ドラマっぽい!!
韓国ドラマには、政界・経済界・法曹界を操る謎の巨大組織がよく出てくる。犯人達はこの組織に踊らされていた・・・。
こんな理由だけで、複雑な少女誘拐替え玉殺人を計画し刑務所に追いやり、さらに9年後関連した人物を次々殺害するくらいなら、ストレートに本人殺害しておけば?なんて思ってしまった。
それに、良く似た体形の少女を替え玉に使ったって、今時DNA鑑定したらすぐ他人って分かってしまうやろってツッコミ。
女優に関連した殺人事件は複雑で面白かったけど、主軸の事件の詰めが甘過ぎ~!!
ラストも全く納得いかなかった。まさか実在の韓国の警察がこんな事やってるとは思いたくないけど・・・。

でも、こんな屁理屈並べたらミステリードラマになりませんね~