岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その6>田沢湖畔で秋田犬とご対面!!

前日夕暮れの田沢湖を見て、翌朝にぐるっとリベンジ一周ドライブしました。
田沢湖は、周囲約20キロメートルのほぼ円形のカルデラ湖、水深423.4メートル、日本一の深さを誇っています。
まだ朝だからからか湖畔の周遊道路は、車も少なく快適!!

P52716392.jpg
田沢湖のシンボル辰子像~ここはやっぱりはずせませんね!!幸いバスツアーと遭遇する事もなくとっても静かでした!!

P52716442.jpg
辰子像の周りには小さな魚がいっぱい泳いでましたが、波打ち際の水面は流木やら心ないゴミまで流れ着いていて、白い泡のようなものが漂ってました。

実は、ここ、イ・ビョンホン氏&キム・テヒ主演の韓国ドラマ「IRIS-アイリス」のロケ地で、放送後韓国観光客が殺到したとか。
日韓関係悪化で、今は誰も来ないでしょうけど・・・。あの頃は韓流ブーム真っ最中でTBSで放送されましたが、地上波の放送にバッシングがありましたね!!

P52716492.jpg
息を呑む美しさ!!バックの山は秋田駒ヶ岳!!
水のある風景は天気の良し悪しで感動の度合いが違いますよね。今回の旅は絵葉書のような絶景の連続でホントにラッキーでした。

P52716552.jpg
辰子像のすぐ傍にある浮石神社
金運が上るとかで、ありがた~い御朱印をいただきました。

P52716632.jpg
御座石神社
辰子姫が飲んで龍になったと言われる「潟頭の霊泉」、辰子姫が姿を映した「鏡石」などもあって若い女性に人気だそうです。

階段上るのしんどいから下で待ってるわと言う夫!!そらメタボになるわ!!

P52716622.jpg
茅の輪くぐり(この輪をくぐると罪やけがれを除き心身が清らかになる)
作法の説明書きに従って茅の輪くぐりをして参拝、ここでも御朱印をもらいました。

P52716612.jpg
湖畔の朱塗りの鳥居と田沢湖ブルーのコントラストが素晴らしい!!

P527163922.jpg
遊覧船が通ると、一瞬サーッと静かな湖面が大きく波立ち、まるで湖面が生きてるようだった。
湖水の美しさは、私の拙いカメラワークでは表現できません。ものすごく深いです!!

ぐるっと1周しておみやげ屋さんが並ぶ賑やかなエリアに戻ってきました。
田沢湖共栄パレス」というドライブインへ!!ここには、ザキトワ選手の愛犬マサル君で大ブレイクの国の天然記念物“秋田犬”と“比内鶏”が見学できるんです。
おみやげを買うと無料で見学できますが、見学だけだと200円必要です。たぶん犬だけ見学していく団体客が多くてこういう措置を取ったんでしょうね~。
お義理で「秀よし酒ようかん」と秋田銘菓「秋田諸越」を買い求め、3匹のわんちゃん達とご対面です!!

P52716652.jpg
一番人気の天空(そら)くん!!超カワイイ!!

P52716662.jpg

P52716722.jpg
この子は、次から次からやってくる観光客にウンザリぎみ?!もう1匹はずっとふて寝!!

この後、枝垂桜と武家屋敷で有名な「角館」に向かいました。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その7>角館と「解体新書」の挿絵画家小田野 直武!!・・・につづく





岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その5>「駒ヶ岳温泉」から憧れの「鶴の湯温泉」へ!!

夕食後、ロビーに集合して送迎車でお楽しみ「鶴の湯温泉」に向かいました。
デラックスな田沢湖温泉郷の温泉街を抜けてしばらくすると舗装されてない狭いガタガタ道をしばらく走り続けます。まさに秘湯へのアクセス!!

P52616102.jpg

P52615962.jpg
暗くてよく分かりませんが、入口入ってすぐの左側がテレビによく登場する“本陣”。
秋田藩主が湯治に訪れた際の警護の家来の宿泊所です。

実は鶴の湯温泉は本陣だけでなく、奥までいろいろな宿泊棟があるんです。ちょっと建て増し感が・・・。
また、混浴露天風呂が有名ですが、白湯、黒湯、中の湯、滝の湯という名の4つの源泉が敷地内に湧いています。

送迎のマイクロバスから降りると、他の人達はいっせいに有名な混浴露天風呂へ行ってしまいました。

ダウンロード.jpg
明るかったらこんな感じ!!(ネットからお借りしました。)

ちょっと普通の人とテンポがずれてる私達夫婦は、間違って内湯に入ってしまいました。でもかえってこれがメチャ良かった!!↓

P52616012.jpg

P52616022.jpg
誰も入ってくる事なかったので、秘湯感満載の極上のにごり湯をゆったり貸切独占!!
たぶん白湯だったと思います。(間違ってたらゴメンナサイ!!

混浴露天風呂は、入っている人が多かったので夜とは言え落ち着かなくてすぐ出てきて、小じんまりした女性用に入りました。
P52616052.jpg
女性用露天風呂にも小さな内湯が併設されてました。にぎやかなグループが去ってまたまた独り占め!!

P52616082.jpg
山間の湯治場の趣満載の売店!!小銭ぐらい持ってくれば良かった!!

滞在時間1時間はあっと言う間に過ぎてしまいました。

P52616142.jpg旅館に戻ってから、旅館の大浴場に行きました。またまた源泉かけ流しの贅沢な温泉をお一人様貸切!!
私好みのとっても風流な造り!!湯の花がぷかぷかほんのり白濁のお湯はとてもやわらかくて気持ち良かった~!!

含硫黄 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム・硫酸塩・塩化物泉(硫化水素型)(旧泉質名 含石膏・正苦味・食塩ー硫化水素泉)(低張性・弱酸性・高温泉)
泉温 源泉56.8度(HPより)

P52616132.jpg
広々大浴場前の休憩コーナー

P52716192.jpg
大浴場併設の露天風呂 朝風呂は旅の醍醐味ですね~!!

P52716222.jpg
温泉棟の外観もとっても風流!!

P52716212.jpg
温泉棟とは別に裏手の渓流沿いに二つの無料貸切風呂があって、宿泊者は空いていればいつでも鍵をかけて入れるんです。

P52716232.jpg
さらさらと流れる水音を聴きながらの朝の湯あみは最高でした。

結果的に、にごり湯は嬉しいけど人が多すぎて落ち着かない鶴の湯温泉より、大自然の中、静かでゆったりできる駒ヶ岳温泉に宿泊したのは大正解だったと思います。
(ただしこの旅館、日帰り入浴時間9:00~19:00なので、週末は落ち着かないかも!!

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その6>田沢湖畔で秋田犬とご対面!!・・・につづく





岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その4>名湯と美食の一軒宿「駒ヶ岳温泉」!!

1日目の宿泊は秋田駒ヶ岳の中腹に広がる田沢湖高原内の水沢温泉郷の最奥に佇む一軒宿「「駒ヶ岳温泉」さん!!」さん。和室7室 洋室2室だけの小じんまりした旅館です。
こ1日目の宿泊は秋田駒ヶ岳の中腹に広がる田沢湖高原内の水沢温泉郷の最奥に佇む一軒宿「駒ヶ岳温泉」さん。
和室7室 洋室2室だけの小じんまりした旅館です。

ここは、予約がなかなかとれないあの有名な乳頭温泉郷の秘湯一軒宿「鶴の湯温泉」さんの姉妹館なんです。
「鶴の湯温泉」のHPのリンクで知りました。
迷わずここに決めたのは、夕食後、無料で「鶴の湯温泉」まで送迎してくれて、日帰り入浴時間外、宿泊入浴する人も少ない時間にゆっくり入る事ができるから・・・。
しかも、私達夫婦が宿泊した8畳間は11500円(税・サ込)の低料金!!
それを、貯まってた旅行サイトのポイント投入したら何と9100円也!!
食事がおいしい、お風呂も最高!!静かで落ち着ける、鶴の湯のお風呂も楽しめる、結果的に選んで良かった文句なしに◎の旅館でした。(いつも書いてますが私基準ですので悪しからず!!

まずは、お風呂に入ってさっぱりしたかったけど、到着が遅かったのですぐ食事でした。{%フォーク&ナイフ(カシャン)hdeco%}

P52615842.jpg
食事はこざっぱりした食事処で!!
寒い地方は味が濃いイメージですが、ここのお料理はどれも食べやすいまろやかなお味!!

P52615852.jpg
ちょうど、雪解けの山菜の旬の時期なので、前菜はめずらしい山菜のオンパレード!!お造りは虹鱒の洗い、同じく虹鱒の塩焼き、秋田名産比内地鶏の壺蒸し・・・。

P52615902.jpg
メインの八幡平ポークの陶板焼きでお腹パンパンになった頃、鶴の湯さんの有名な“山の芋鍋”と同じレシピのお鍋が運ばれてきます。

P52615862.jpg
さっぱり美味しい本場“いぶりガッコ”!!ごはんはもちろん秋田こまち!!

P52615922.jpg
さらに、パンク状態のところに、旅館の名物“十割そば”登場!!さすがに食べきれなくて、夫は大の蕎麦好きなので半分食べてもらいました。

P52615932.jpg
デザートは熊笹のシャーベット。熊笹とびっくりしたけど、これもメチャクチャさっぱり美味しかったです~。

どれも決して贅沢な材料を使っている訳ではないけど、心の籠った手作り感あふれるおいしいお料理でした。

P52716282.jpg
朝ごはんも、いろいろ少しづつたっぷり!!ぶっかけ用の卵は、ぜいたくに比内地鶏の卵です。
最近は、朝食はバイキングが多いけど、こんな正統派和食の朝食イイですね~!!

P52716182.jpg
部屋の窓の外はさわやかな渓流!!

P52716342.jpg
色白秋田美人のスタッフさんが撮って下さいました。

(お風呂は、鶴の湯温泉入浴体験と一緒に別記事でレポートします。)

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その5>「駒ヶ岳温泉」から憧れの「鶴の湯温泉」へ!!・・・につづく