しまなみ日帰りひとり旅<その4>尾道散策①

尾道は何かとよく訪れる町です。直近では今年の春にタダバスツアーで千光寺公園に行ったばかり。
でも、じっくり町散策するのは久しぶり。山陽本線の北側はそれほど変化は見られませんでしたが、しなまみ街道人気で駅周辺や海岸通りは大きく様変わりしてました。

PA0123222.jpg
きれいに整備された尾道港。

PA0123262.jpg
駅のすぐ前 市民の足 尾道市街と向島を結ぶ渡船乗り場 

PA012371222.jpg
竜宮城みたいな船が行きかいます。自転車ごと乗れるんですよ。

PA0123263.jpg
今年3月にリニューアルされたばかりの尾道駅 
立派になったけど前の方が味があって良かったなぁ~。

PA0124042.jpg
駅から少し離れたところには、尾道最古!福本渡船の浮き桟橋。こちらはフェリーです。

PA0123382.jpg
商店街の入口に立つ林芙美子像

PA0123392.jpg
商店街のアーケードは昭和のまま!!

PA0123362.jpg
林芙美子記念館 商店街に入ってすぐのところにあります。

PA0123312.jpg
林芙美子を紹介する書物や作品が並び、奥には芙美子が住んでいた家が現存保存されていて林芙美子ファン必見。

PA0123332.jpg
「風琴と魚の町」の一節
家が貧しく親子で木賃宿を転々としながら山陽路を行商して歩き尾道にたどり着いた体験を元にした短編です。
林芙美子と言えば代表作は「放浪記」ですが私はこの作品が好き。主人公と同じ14歳の時にこの小説に出会い、いつかこの町を訪ねてみたいと思ったものです。

PA0123342.jpg
2階は4畳半1間 真っ暗でしたが裸電球を点けると当時の質素な暮らしぶりが再現されてました。

PA0123292.jpg
この商店街から海岸通りに向かってたくさんの昭和レトロな路地があるんです。
路地の間に尾道水道を行き交う船が見え隠れして情緒満点!

PA0123452.jpg
アーケードの中でひときわ目を引く、銭湯をリノベーションしたカフェ『ゆーゆー』

PA0123952.jpg

PA0123472.jpg
商店街の隙間に開発から取り残されたような一角が・・・。

PA0123912.jpg
路地に入るとこんな貫禄の木造家屋に出会ったりします。

PA0123922.jpg
アーケードの中の尾道ラーメンの人気店「みやち」でやっと遅めの昼食です。

PA0123492.jpg
お店はアーケードに面していますが入口は路地側にあるんです。
このお店は10年ぶりぐらいの2回目。尾道ラーメンはぷかぷか背あぶらが特徴ですが、ここのはうどん屋さんが出してる魚介系あっさり醤油味の昔ながらの中華そば。

PA0123512.jpg
小エビの天ぷらが載った天ぷら中華が人気なんですが、前の時は天ぷら売り切れだったのでリベンジです。
中華そばに天ぷらが載るとアレッ??姫路の駅そばに似てる!!


しまなみ日帰りひとり旅<その5>尾道散策②・・・につづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント