よなのたびはくねくね

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国で展開される海外ドラマのリメイクの反応は?

<<   作成日時 : 2018/06/25 17:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

「花より男子」から「のだめカンタービレ」まで…韓国リメイクドラマが続々ヒット!海外での反応は?

OSEN |2018年06月24日11時50分


この数年、韓国で展開される海外ドラマのリメイク。原作より優れた続編もあれば、逆に原作を遥かに下回る成績を出した続編も存在する。俗説が100%合うわけではないということだ。
特に、海外の作品を原作とする韓国版リメイク作品は、極端な評価を受ける場合が多い。原作に負けず、韓国版コンテンツで素晴らしい解釈をしたという評価を受ける場合もあり、原作に満たないという評価を受けることもある。

画像


★成功例

日本ドラマリメイク「Mother」

イ・ボヨン主演

日本原作に加え、韓国ならではの情緒が合わさり、より切ない物語が誕生したという評価だ。


アメリカドラマリメイク「グッドワイフ」

チョン・ドヨン、ユン・ゲサン他

視聴率も6〜7%台(ニールセン・コリア、有料プラットフォーム、全国世帯基準)を記録し、大ヒットしたのだが、これを支えたのは緊張感あふれる演出や俳優たちの名演があったからとされている。


日本ドラマリメイク「花より男子」

イ・ミンホ、キム・ヒョンジュン、ク・ヘソン、キム・ボム、キム・ジュン、イ・ミンジョンなどの出演者たちはこの作品で一役スターとなった。韓国型のシンデレラストーリーにファンタジー的な要素も加えられ、日本での興行成績に負けないヒット記録を残した。


★失敗例

日本ドラマリメイク「のだめカンタービレ〜ネイル カンタービレ」

日本の原作「のだめカンタービレ」が韓国のファンからも膨大な人気を得ていたため、リメイクに対する期待がものすごく高かった。チュウォン、シム・ウンギョン、ペク・ユンシク、コ・ギョンピョ、パク・ボゴムらが出演したが、視聴者たちは原作を支持した。


アメリカドラマリメイク「アントラージュ〜スターの華麗なる人生〜」

「マントラージュ(ダメ+アントラージュ)」という酷評を受けた。チョ・ジヌン、ソ・ガンジュン、イ・グァンス、パク・ジョンミン、ソヒ、イ・ドンフィ、チェ・ミョンギルなど、超豪華キャストで構成されたが低い視聴率に留まった。また、刺激的な題材であるとして視聴者の批判を受け、失敗したリメイク作となった。


アメリカドラマリメイク「クリミナル・マインド」

イ・ジュンギ、ムン・チェウォン他

ファンから爆発的な関心を集めたが、20部作が続く間、マニアファンからは支持されていたものの、大衆的なヒットにはなりきれなかった。

以上、Kstyleニュースより6/24抜粋

元記事 http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2091162&categoryCode=DR


問題作「Mother」が支持された事はとっても嬉しいです。

さて、2002年の月9 明石家さんま&キムタク W主演のラブサスペンス「空から降る一億の星」が、下半期にソ・イングク主演でリメイクされる事が決定していて、注目されています。
無事成功するでしょうか・・・。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは♪
日本でもそうだけれど、最近リメイク頼りの傾向強いですよね
アメリカドラマリメイクということだったので興味があって観た、
「グッドワイフ」キャストが渋くて良かったです。ただそれぞれの人間が好きにはなれなかった^_^;
1話途中で止まってしまった「アントラージュ」はまだハードにそのまま・・・キャストは悪くないと思うんだけれど・・・
「クリミナル・マインド」録画したけれど、評判を見て、まだ視聴することできません。時間を無駄にできないからね
韓国とアメリカ〜文化が違いますからね

明石家さんま&キムタクのイメージ・・・当時は良かったのかもしれないけれど・・・
ソ・イングクくん上手くいくといいですね
まりん
2018/06/26 10:14
いつもコメントありがとうございます。
そうですね。日本と韓国はまだお隣同士で感性が近いけど、アメリカとは文化はもちろんだし、感性の違いを埋めるのはむずかしいような気がします。まりんさんが「グッドワイフ」の人間が好きになれなかったのはその辺にあるような気がします。
「アントラージュ」は視聴率0%台を記録したってネット記事上がってました。初回で中断とは相当な駄作なんですね。

私は韓国版の「のだめ」も「花男」も見てません。大好きだったドラマだったので、イメージ壊されそうで抵抗があったんで・・・。
その点、「彼女は嘘を愛しすぎてる」は原作知らなかったので韓国らしい素敵なドラマとして視聴する事ができました。
まりんさんも絶賛されてましたよね!!

yona
2018/06/26 22:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国で展開される海外ドラマのリメイクの反応は? よなのたびはくねくね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる