よなのたびはくねくね

アクセスカウンタ

zoom RSS 中九州パワースポットめぐり<その12>神話の里 天岩戸神社と天安河原

<<   作成日時 : 2017/12/04 20:40   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

高千穂バスセンターから約15分、五ヶ瀬川の支流岩戸川沿いに広がる天岩戸地区へ向いました!!

画像
途中丁度、収穫期を迎えた美しい棚田が続きます。「日本の棚田百選」に選ばれているそうです。

画像
山の中腹までず〜っと!!昔の人々の開墾の苦労が伺えますね。

天岩戸神社

画像
天岩戸神話の伝承地となっている神社です。岩戸川をはさんで西本宮と東本宮の二つあり、バス停から近い西本宮を訪ねました。

西本宮のご神体は、何と天照大神が隠れたとされる「天岩戸」(あまのいわと)と呼ばれる洞窟です。

画像
拝殿 「天岩戸」がご神体のため拝殿のみで本殿はありません。

境内一帯はキ〜ンと張りつめた空気が漂いまさに究極のパワースポット!!

画像
神楽殿 5月と9月の大祭と11月3日の文化の日に「天岩戸神楽」の奉納があるそうです。

ご神体の天岩戸は授与所で申し込むと見学する事ができるんですよ。

若い宮司さんが境内を詳しく案内してくれました。見学者は私と東京から来たという若いOLさんの二人だけ、贅沢なマンツーマンです。

画像
古代銀杏

特異な葉・実の形をしていて長野県諏訪大社と二ヶ所しかないそうです。

画像
御神木 招霊(おがたま)の木

画像
神楽で持つ鈴は招霊の木の実を意味しているそうです。

そして拝殿の奥は神域で撮影不可です。

廊下を渡って遥拝殿というところから川向に目をやると原生林に囲まれて小さな洞窟がパカッと口を開けていました。

宮司さんのお話によると、子どもの頃は、岩戸川で普通に遊んでいたし、天岩戸の洞窟の中にも入った事があるそうですよ。びっくりですね〜。

入口は小さいけれど、奥行きは結構あるんだとか・・・。

昔って文化財と知らずにほったらかしだったところ結構ありますよね。

私も子どもの頃、蘇我馬子の墓と推測されている明日香の石舞台古墳の上に乗っかった事ありますよ!!

今じゃ柵に囲まれて入場料まで取られます。

画像
天岩戸神社から岩戸川上流に向って歩いて10分のところに「天安河原」(あまのやすかわら)があります。

天照大神が天岩戸に隠れた時、八百万(やおよろず)の神々が相談したところとされています。

画像
この橋を渡り細い道(画像右)を進みます。

画像
スゴイ水量!しかもものすごく澄んでて冷たい!!

画像


画像
この洞窟一帯が天安河原

天岩戸も天安河原もみんな神話の世界なんだけど、“信じる者こそ救われる”なのだ!!

画像
そして洞窟の中に入ると本当かも・・・と感じてしまう不思議なパワーを感じるんですよ。

画像
洞窟の入口に鳥居

画像
奥には社殿が祭られていました。本当に不思議な気持ちになる空間!!

不便だったけど本当に遥々来て良かったです!!

画像
洞窟の前には願いがかなうと言われる石積みがいっぱい。まるで賽の河原のようでちょっと不気味!!

画像
と、思いつつ私もやってみたかったけど、水量が多すぎて小石を見つけられなかったよ。

画像


画像
奥からとめどなく流れてくる清流をしばらくボーッと眺めていました。

そのうちツアーらしき団体さんが次々やってきたので戻りました。

画像
神社近くの眺めのいい売店で休憩!宮崎名産のマンゴーのソフトが激ウマ!!

売店で聞いた話。1日目の豊後竹田から高千穂まで広域農道と呼ばれる信号もない快適な道路で山越えすると40分で来れるんだとか・・・。

私、3日掛かりでやっとたどり着いたんですけど・・・。マイカー旅には絶対勝てないヨ〜。


中九州パワースポットめぐり<その13>「さんふらわあ」でサヨナラ九州!!・・・につづく







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中九州パワースポットめぐり<その12>神話の里 天岩戸神社と天安河原 よなのたびはくねくね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる