よなのたびはくねくね

アクセスカウンタ

zoom RSS 中九州パワースポットめぐり<その8>大友宗麟の城下町「臼杵」

<<   作成日時 : 2017/12/01 01:59   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

上品なお二人のご婦人とタクシーを相乗りして無事「臼杵」の町中へ。

お二人は途中で降りられ、私は駅まで乗りました。


「臼杵」は、キリシタン大名で有名な大友宗麟が築城した臼杵城の城下町として栄えた町です。

ドレッシングでお馴染みの「フンドーキン醤油」もこの町に本社があるんですよ!!

そして、豊後水道に面した臼杵は「臼杵ふぐ」が有名でふぐ料理店がひしめいています。

先ほどのタクシーのマダム達は毎年冬になると1年に1回の贅沢30000円もするふぐ会席を食べるそうですよ。

臼杵ふぐを食べにわざわざ東京から来る人もいるとお話されてました。

貧乏性の私には無理やな〜。


駅中の観光案内所で無料のレンタサイクルを借りて、旧市街をぐるっとひと回りしてみました。

前もってチェックしてた海鮮丼のお店には、“バス乗り損ねハプニング”のおかげでランチタイムに間に合わず結局お昼抜き!!

画像
偶然見つけた明治38年創業ふぐ料理の老舗料亭「山田屋」さん
知る人ぞ知る小室哲哉さんの奥さんKEIKOさんのご実家です。

画像
臼杵城址

大友宗麟が臼杵城の前身「丹生島城」を築城。
北、南、東を海に囲まれ、西は干潮時に現れる干潟でつながるという天然の要害でした。
江戸時代には臼杵藩の藩庁が置かれました。(Wikipedia参照)

画像
八町大路(臼杵市中央通り商店街)

画像
ひときわ目を引く「カニ醤油」の鑰(かぎ)屋さん
なんと創業慶長5年(西暦1600年)関ヶ原の戦いの年!!スゴ〜イ!!

画像


画像
お伊勢さんの「おはらい町」にちょっと似てる!!(でも人通りでかなり負けてる。

全国の古い町でこういう町並み再生が進んでいますね〜。

画像
臼杵の代表的な町並み「二王座歴史の道」

旅行雑誌の写真を見て楽しみにしてたけど城下町によくある寺町でした。しかもこの辺りだけ!!写真はコワ〜イ!!

画像
旧真光寺 休憩所になっています。

画像
二階の窓から・・・。
とりあえず入ってはみたけど誰もいないのですぐ出てきました。

列車の時間が迫り自転車ぶっ飛ばして駅に戻りました。

あ〜遥々やって来たんだから、お茶したりお店覗いたりもうちょっとゆっくりしたかったヨ。

こんなに中途半端でせわしない観光するぐらいなら「臼杵石仏の里」で次のバスまでゆっくりすれば良かったかもと欲張った事をちょっと後悔・・・。

最後に自転車を借りた観光案内所のオジサンのお話〜実は臼杵は明治時代に大火に合いほとんど消失したそうです。つまり、古いけど新しい町なんですね!!

画像
臼杵駅ホーム 石仏のレプリカが・・・。

この後、高千穂に向かうのですが、前述の通り、日豊本線臼杵−佐伯間不通のため、今回の旅の最難関が待ってます。


中九州パワースポットめぐり<その9>困難極めた臼杵から高千穂へのアクセス・・・につづく


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中九州パワースポットめぐり<その8>大友宗麟の城下町「臼杵」 よなのたびはくねくね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる