テーマ:旅行

冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その3>室津の古い街並みへ

室津の牡蠣の直売所は賑わっていましたが、小さな港町の中はひっそりとしていました。 入江に張り付くように民家が立ち並んでいます。 全国的には室津って聞いてもピンと来ないですよね。兵庫県揖保郡御津町室津から、2005年の市町村合併でたつの市御津町室津に行政区分が変わりましたが、この地は遠く1300年前の昔から栄え、独立した文化を持つすご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その2>室津漁港の牡蠣直売所

赤穂へは行きは姫路バイパス~山陽自動車道とササッと高速飛ばして行きましたが、帰りはボチボチと播磨灘沿岸に張り付くように続くクネクネ県道を走って、以前から一度訪ねてみたかった室津に立ち寄ってみました。 姫路ナンバーは運転が荒いので有名。細いクネクネ道をビュンビュン飛ばすので要注意です!! 沖には牡蠣の筏が浮かび、道路脇は競い合うように…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その1>鹿久居荘赤穂店で牡蠣料理

先日の週末、いつも利用している旅行サイトの“ポイント消化”で、赤穂温泉の「鹿久居荘赤穂店」さんに牡蠣料理を食べに行きました。 鹿久居荘さんは料理旅館。本店は県境をまたいでお隣の日生にあり、ここは姉妹店です。 赤穂温泉と言っても、風光明媚な赤穂御崎に並ぶ旅館街とは離れていて街中の道路沿い。 11時に予約してたので、まだお客も少なく館…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その10>近江町市場と「金沢巧味」クーポンで和菓子作り

2日目午後は、前述の金沢巧味クーポン(その1で紹介)を使って老舗和菓子店めぐりと近江町市場でお寿司ランチです。(「金沢旅物語」よりお借りした画像を一部編集) 東茶屋街の近くの大通り沿い、きんつばで有名な中田屋東山本店さん巧味クーポンできんつば1個ゲット。さらに自宅用に3個入りと鍔もなか3個バラ買い。きんつば…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その9>藩政時代のお茶屋文化の粋を伝える「志摩」

金沢巧味クーポンに付いている北鉄バス1日フリー切符を使って、城下まち周遊バスに乗り、東茶屋街の最寄バス停「橋場町」で下車。観光客で賑わう東茶屋街のメインストリート その真ん中あたり、注意しないと通り過ぎてしまいそうなお茶屋さんが「志摩」です。斜め向かいは現役のお茶屋さん「懐華楼」、どちらに入るか迷ったけどこちらに!!堂々の国の重要文化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その8>花嫁のれんと老舗商家の婚礼を知る「金沢市老舗記念館」

私の場合、旅のプランを立てている時も旅の楽しみの一部なんです。今回の金沢旅行に際して、最近、衰えてきた姉の足も考慮しなければいけないので、できるだけメンバーを振り回さずに効率よく満足してくれそうなプランを考えました。ネットで下調べをしていて興味が沸いたのが金沢市老舗記念館でも場所が長町武家屋敷界隈の一番端にあるので迷ったけど、結果的に今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その7>こも掛けが張り巡らされた長町武家屋敷界隈

金沢のビルが林立する大通りの裏手の用水路沿いに個性的な飲食店が点在するせせらぎ通り。昨夜はどの店も満席でシャットアウトでしたが、朝は歩く人もまばらでひっそり。 そのさらに奥に入ると突然藩政時代にタイムスリップしたかのような一角が現れます。 それが長町武家屋敷跡です。金沢訪問は3回目ですが、その度にやっぱりはずせない大好きなエリアです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その6>「利家とまつ」の尾山神社

金沢駅から兼六園へ向かう路線バスに乗っていると近江町市場を過ぎてまもなく目にする異彩を放つこの建物は、尾山神社の神門、国の重要文化財です。金沢観光は3回目ですが、過去2回とも車窓から眺めるだけでスルーでした。ホテルのすぐ近くだったので朝の散歩を兼ねて初めて訪ねてみました。 神社の鳥居と異彩を放つ和寒漢洋折衷の建物の組み合わせは不思議ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その5>尾山神社のそば「陣屋」で金沢グルメ三昧!!

宿泊したのは、金沢ニューグランドホテルプレミア すぐ隣の金沢ニューグランドホテルの姉妹館です。インテリアが女性的なので妹分って感じでしょうか・・・。本館はリニューアル工事中でした。 前田利家と正室お松の方を祭る尾山神社道路を挟んですぐの場所です。(翌朝撮影)夜、ホテルにチェックインすると、日本旅行の手ぶらクーポンで駅から荷物が届いてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その4>黄金に輝く兼六園の雪吊りライトアップ

主計町茶屋街を後にして、百万石通りというメインストリートの歩道を20分もぶらぶら歩き兼六園に向かいました。 金沢城と兼六園では、1/24日(金)~2/2(日)、2/8(土)~2/16(日)の2回、17:30~20:45(閉園21:00)、冬のライトアップが行われます。 ちょうど、この日は初日でした。 加賀百万石の居城 金沢城の石川…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その3>夜の主計町茶屋街

湯涌温泉から金沢市街に戻り、“橋場町”というバス停で下車。バス乗車中にすっかり日が暮れていてキーンと寒いです。 浅野川に架かる浅野川大橋の東側に広がるのが東茶屋街。そして、西側の河畔が主計町茶屋街です。主計町と書いて“かずえまち”と読みます。 細い路地と千本格子が続く情緒溢れる茶屋街浅野川沿いに昔ながらの風情ある料理屋や茶屋が立ち並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その2>歴代藩主や竹久夢二も愛した金沢の奥座敷「湯湧温泉」!!

午後2時過ぎ、金沢駅前のバスターミナルから路線バスで約50分の「湯湧温泉」に向かいました。湯湧温泉は、山間に9軒の小さな旅館がたたずむ静かな湯の里です。藩政時代には歴代加賀藩主が通い、加賀藩御用達の湯であったとされ、まさに金沢の奥座敷。また、「宵待草」の詩と独特の美人画がで知られる竹久夢二が笠井彦乃と約1ヶ月にわたる「至福の刻」を過ごし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

DEEPな冬の金沢満喫しました<その1>雪の全くない金沢駅前で加賀料理ランチ!!

先日、5年ぶりに金沢に行ってきました。実は昨年秋、亀岡湯の花温泉に行くちょっと前、最寄駅の駅中の日本旅行で「JRで行く 女子旅限定 金沢・山中温泉」というパンフレットを見つけメンバーに提案してみたら全員一致で即決したんです。同居してる長男からは「たまの贅沢、自分へのご褒美 年に何回やるねん!!」ってあきれ返…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長蛇の列の初詣と播磨の一番人気「白雲谷温泉ゆぴか」超満員の初風呂!!

正月2日、リビングでゴロゴロの家族を説得して、午後から地元加古川市の「日岡神社」の初詣と隣町小野市の「白雲谷温泉ゆぴか」へ初風呂に行ってきました。 日岡神社は、加古川では一番大きな神社ですが、観光とは無縁の地元民しか行かない普段はとっても静かな神社なんですが、お正月三ヶ日はとっても賑わい、なぜか参拝にとても時間がかかり長蛇の列になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の嵯峨野トロッコ列車と湯の花温泉<その5>天龍寺塔頭 宝厳院のライトアップ!!

トロッコ嵐山駅からしばらく嵯峨野方面ぶらぶら!! 銀杏と楓とすすき~晩秋の黄金トリオ!! 落柿舎近く、真っ赤な楓に囲まれた「さがの楓カフェ」でティータイム!居心地良くて話がはずみ外に出るとすでに日が暮れてました。秋の日はつるべ落とし!! 嵐電嵐山駅前 まだ6時頃だけど人が急に少なくなりますね。 メインストリートでお土産探し。今回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の嵯峨野トロッコ列車と湯の花温泉<その4>嵯峨野トロッコ列車乗車レポート

いよいよ3:30トロッコ亀岡発の嵯峨野トロッコ列車乗車です。 旅館からの帰りは発車時間に合わせて親切にトロッコ亀岡駅まで送って下さいました。 亀岡市街はかなり都市化が進み交通量も多いですが、 トロッコ亀岡駅の周りはとってものどか。 でも駅の構内はごった返してました。 駅のホームにはなぜか信楽焼きのたぬきさん達がお出迎え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の嵯峨野トロッコ列車と湯の花温泉<その3>京の奥座敷 湯の花温泉「すみや亀峰菴」②

「すみや亀峰菴」食事編 お楽しみのランチは、おくどはんがあるこだわりの食事処「旬膳 瑞禾(ずいか)」の窓際個室でした。もてなされるのは地元丹波の食材にこだわった本格的京料理です。ほんとに見た目も素敵、上品で美味しくて最高でした。 八寸~小鉢の青菜は何とクレソン!鳥の胸肉をすりつぶし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の嵯峨野トロッコ列車と湯の花温泉<その2>京の奥座敷 湯の花温泉「すみや亀峰菴」①

京の奥座敷 湯の花温泉 すみや亀峰菴さんへ 喧騒の嵯峨嵐山からJRだとわずか10分で亀岡駅到着。亀岡駅は10年くらい前に来た時は、素朴な田舎の駅だったのに没個性の橋上駅に変わってしまってました。湯の花温泉は亀岡駅から車で20分程、静かな山間に数軒の旅館が点在する温泉地です。予約しておけば駅まで送迎してくれるんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紅葉の嵯峨野トロッコ列車と湯の花温泉<その1>大混雑の嵯峨野~嵐山

11月最後の週末に久々に姉妹女子会メンバーで京都に行ってきました。亀岡の湯の花温泉「すみや亀峰菴」さんの日帰りプランと紅葉の嵯峨野トロッコ列車乗車・嵐山散策です。 紅葉シーズンの嵯峨野トロッコ列車の予約は至難の業で、1ヶ月前発売当日10時にネット予約にチャレンジしたけど即完売アウト。後から知ったんだけど、JR西日本のe5489なら発売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良公園写生会オマケ!!

2時間ぐらい描き続け、集中がとぎれてきたので、トイレ休憩を兼ねて、講堂跡の向こうへ行ってみました。 圧巻!銀杏の大木!! 講堂跡の向こうに赤黄緑の映り込みが美しい大きな池がありました。大仏池というそうです。実家が大阪なので独身の頃はぶらっとよく訪れた奈良公園ですが、こんな大きな池があるの知りませんでした。 ススキと木々の映り込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

奈良公園写生会

大阪の画材会社主催の写生会に行ってきました。場所は、奈良公園の東大寺講堂跡とその周辺。春の神戸に続き2回目の参加です。朝7時前に列車に乗ったのに関西線で奈良に向かう途中に踏切事故に巻き込まれ、9:30の集合時間に大幅に遅れてしまいました。私の住む街は神戸~京都線沿線なので神戸や京都は列車1本で行けて便利なんですが、久々に“列車で奈良”は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お馴染み無料ツアー第10段 またまたしまなみ海道<その3>鞆の浦温泉「鴎風亭」立ち寄り入浴

大三島からまた多々羅大橋を戻り生口島の瀬戸田へ!!実は瀬戸田はちょうど1ヶ月前に行ったばかり。本当は素朴で素敵な町なんですが、バスツアーは散策などありません。ダイレクトにお店にGO!です。 それでも、バスの車窓はずう~っと大好きな海・海・海!! ボーっと眺めているだけで癒されます。 道路の向こうはサンセット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お馴染み無料ツアー第10段 またまたしまなみ海道<その2>高速「大山祗神社」参拝!!

朝早かったし龍華寺でたくさん歩いたからさすがに睡魔に襲われグーグー。 目が覚めると青い海が広がっていました。いつの間にか「しまなみ海道」突入です!! 多々羅大橋を渡って大三島へ!多々羅大橋の手前は広島県尾道市、橋の向こうは愛媛県今治市。橋の上が県境なんです。 大三島の有名なパワースポット大山祗神社すぐ近くの「おみやげナガノ」さんへ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お馴染み無料ツアー第10段 またまたしまなみ海道<その1>紅葉の名所?!広島県世羅町龍華寺

今月始め、懲りずにまたまたケーブルテレビの無料バスツアーに行ってきました。前回大久野島プランの時、大渋滞に合ったせいか、今回の最寄駅前出発はなんと6時30分。でも、帰りが遅くなるくらいなら朝早い方がましか・・・。参加者ほとんどシニアだし、シニアは早起きだしね~。 昨年はとことん雨に祟られた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ日帰りひとり旅<その5>尾道散策②

「みやち」の近くから線路を渡って山側に向かいました。階段の上に見えるのは宝土寺。尾道は坂の町。線路の北側に広がる山側に張り付くようにたくさんのお寺があって、お寺と坂道と上から見下ろす尾道水道の眺めが独特の景観なんです。 宝土寺への急な階段を上がると、ネコちゃんがのんびり寝そべってました。 お気に入りの1枚!!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ日帰りひとり旅<その4>尾道散策①

尾道は何かとよく訪れる町です。直近では今年の春にタダバスツアーで千光寺公園に行ったばかり。でも、じっくり町散策するのは久しぶり。山陽本線の北側はそれほど変化は見られませんでしたが、しなまみ街道人気で駅周辺や海岸通りは大きく様変わりしてました。 きれいに整備された尾道港。 駅のすぐ前 市民の足 尾道市街と向島を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ日帰りひとり旅<その3>平山郁夫美術館

この日の旅の第一の目的は、瀬戸田にある平山郁夫美術館。 平山郁夫氏は、瀬戸田に生まれ故郷の瀬戸田をこよなく愛した日本画家です。シルクロードを描いた数々の大作で有名です。実は、生口島は8月にお馴染みの無料バスツアーで行ったばかり。もちろんツアーでは行きませんが・・・。 瀬戸田には平山郁夫氏の美術館が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ日帰りひとり旅<その2>瀬戸田ぶらぶら

港そばの常夜灯から続く道路に入ると、取り残されたような廃屋が並ぶ一角がありました。 とても立派なお屋敷なのに人が住んでいる気配がありません。 でもその廃墟感が妙に郷愁をさそいます。 大好きです!こういう路地!!  瀬戸田のメインストリートしおまち商店街「サイクリストオアシスへようこそ」{%一言・ペコhdec…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

しまなみ日帰りひとり旅<その1>おとなび&高速船でラクラク島旅へ!!

今月始めに、しまなみ海道の中の島のひとつ生口島と、尾道に行ってきました。 JR西日本の50歳から入会できる「おとなび」の「おとなびWEB早得」っていうとってもお得なチケットを使って“贅沢”に新幹線乗車です。 姫路-三原 正規料金 乗車券3020円(3080円)、新幹線の特急料金3210円(3270円)が、こだま限定、ラクラク指定席に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その12>のんびり新緑の猊鼻渓舟下り

平泉を後にして今回の旅の最後、国の天然記念物猊鼻渓に向かいました。平泉を中心に、西に厳美渓、東に猊鼻渓という二つの渓谷があります。呼び方も前者ゲンビケイ、後者ゲイビケイと似ててややこしいです。厳美渓は、渓流をはさんだ対岸にあるお団子屋さんに注文すると、お団子とお茶がロープに下がった籠に入れてやってくる「かっこう団子」通称「空飛ぶ団子」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more