春爛漫!!姫路城と満開の桜<その2>姫路城を借景にした日本庭園「好古園」

花見客で賑わう姫路城を後にして、お隣の好古園に行きました。
正式名称~姫路城西御屋敷跡庭園好古園
平成4年4月29日に姫路市制百周年を記念して整備された約1万坪の日本庭園で、「好古園」の愛称は、江戸時代の藩校「好古堂」に因んで命名されたそうです。

発掘調査で確認された屋敷割や通路の地割を活かした9つの大小庭園群及びアプローチ樹林帯・広場で構成されていて、とても見ごたえがあるんですよ。
大好きなスポットで私は何度も訪ねてますが、姫路で観光タクシーも兼ねていた夫は、何度もお客さんを案内してたけど、自分は一度も中に入った事ないそうで、夫の方から入ってみたいと言い出したんです。

DSC_11702.jpg
奥まで続く長い築地塀・屋敷門・長屋門や渡り廊下など、数々の時代劇ロケに使われています。

DSC_11722.jpg
人気の和食レストランの「活水軒」。“只今満席”で数組待ってる状態でした。
ここは、姫路名物あなご料理が人気です。日替わりランチは売り切れになってましたよ。

P8211146.jpg
立ち回りシーンによく使われる渡り廊下。
張りボテのロケセットではなく、本物感満点の時代劇セットのようですね。
(渡り廊下は先客が多くて撮りそびれたので、以前の画像をUPしました。)

DSC_11752.jpg

DSC_11762.jpg
渡り廊下の横は、涼しげな人工滝

DSC_11792.jpg

DSC_11882.jpg

DSC_11772.jpg
メインの建物のなかでは、作家さんの陶芸展が開催されてました。

DSC_11802.jpg
この石橋は、人気の撮影スポット!!
この庭園は池や水の流れで結ばれた池泉回遊式庭園ですが、最大の特徴は世界遺産・国宝姫路城を借景としていることです。

結婚式や成人式の前撮りに使われる事も多くて、夫は何度も晴れ着のカップルを乗せたって言ってましたよ。
この日も、豪華な本振袖を着たお嬢さんの撮影をしてて、プロのカメラマン、付き添い家族が、行く先々のメインスポットを占領してて・・・。

DSC_11852.jpg
石橋の下に鮮やかな錦鯉がうやうやと集まってきました。

DSC_11832.jpgDSC_11842.jpg

DSC_11892.jpg
鯉さん達、ランチタイムが始まるのわかってたのかもね。

DSC_11872.jpg
本来この時期は枝垂桜が咲き誇るんですが、今年はすでに終わりかけてて、残念ながら見頃は数本だけでした。

DSC_11922.jpg
ユキヤナギ(たぶん・・・。)

DSC_11942.jpg
サザンカ(たぶん・・・。)

DSC_117222.jpg
シャクナゲ(たぶん・・・。)

DSC_11952.jpg
紫木蓮(シモクレン)(たぶん・・・。)

DSC_11972.jpg
季節毎に植え替えをするテーマパークのような花壇と違って、ありのままが素晴らしい!!

DSC_11732.jpg

DSC_11982.jpg

DSC_11992.jpg
黄色い低木はレンギョウ(たぶん・・・。)

DSC_119932.jpg
お隣のひと際鮮やかな花は???

DSC_12152.jpg
ミツバツツジ(たぶん・・・。)

DSC_11962.jpg
庭園の築地塀と借景の姫路城との一体感が素晴らしい!!



DSC_12242.jpg
まるでどこかから移築したかのよう・・・。

DSC_12092.jpg

DSC_121022.jpg
テーマ毎に長屋門や屋敷門の中に入っていく形になっています。

DSC_12112.jpg

DSC_12072.jpg
茶室「双樹庵」。毎回ここでの呈茶を楽しみにしてるんですが、コロナ対策で中止になってました。

DSC_12032.jpg
その代わり、訪れる人もいなくて奥までじっくり見学できました。

DSC_12082.jpg
釜には、豊臣家の「桐」の家紋が浮き彫りになってました。

DSC_12192.jpg

DSC_12202.jpg

DSC_12172.jpg
竹林の下にシャガの群落

DSC_12184.jpg
名前はヒオウギの漢名、射干に由来しています。
淡紫色の花を咲かせるシャガは「胡蝶花」の別名の通り、蝶が舞うような優雅な花は一日花で、そのはかなさと楚々とした花色から、茶花としても好まれています。(HPより)

DSC_12212.jpg
キンメモウソウ
金明孟宗。モウソウチクの園芸品種。茎が黄色く、芽溝部のみ緑色になるため、節ごとに交互に緑色の模様が現れます。

DSC_12262.jpg
クロチク

DSC_12252.jpg
最後に出会った可憐な椿!!

茶室では中止だったお抹茶を活水軒でいただけるので帰りに寄りたかったのに夫がさっさと出て行ってしまった。
まぁ、今はまだお店での飲食は止めといた方がいいかも!!

(マンション暮らしで花の名前に疎いので間違ってたらご指摘下さいね。

ところで、お城の横のこんなに広い土地、庭園になるまでどうなってたのか前から気になってたんですが、夫が出口近くの東屋で、以前の写真が展示されているのを見つけました。運動公園だったらしいです。

春爛漫!!姫路城と満開の桜<その3>超穴場!!姫路城西の丸のお堀端!!・・・につづく

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 97

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2021年04月06日 08:06
姫路城だけでも素晴らしいのみお隣の好古園も素晴らしいですね
築地塀が続く路、屋敷門・長屋門の街並みや渡り廊下、時代劇のロケ地にうってつけですね
再放送の水戸黄門、遠山の金さんなどの昔の時代劇を見ていると、「あっ、ここ!」「ここは、〇〇だ!」とか面白いですね
この前も水戸黄門の長崎編では中国風のお寺での撮影で宇治の萬福寺がロケ地でした
姫路は宇治から新快速で2時間くらいで行けます
前回は出張でゆっくり観光できなかったのでコロナが落ち着いたら行ってみようかと思います
yona
2021年04月06日 12:22
せきあさん、いつもコメントありがとうございます。
時代劇は京都撮影所でやってるから、京都近辺でのロケが多いんですよね。宇治近くの伏見とか近江八幡もよく出てきますよね。
中国風の萬福寺行った事ないけど一度行ってみたいです。

先日、駅から姫路城見えたって書いておられましたね。
好古園は新緑の頃も花が多いし綺麗ですよ!!
姫路は遠いけど、大阪駅から新快速1本で行けるので、早起きしてぜひいつか行ってみてください。