水木しげるさんもビックリしてるかも!!疫病を防いでくれる妖怪「アマビエ」が脚光浴びてる?

妖怪「アマビエ」のイラストがSNSで人気 伝承に脚光「疫病が流行れば私の絵を見せよ」

「アマビエ」――そんな名前の妖怪を、あなたはご存じだろうか。
直近の1週間ほど、この一風変わった妖怪のイラストが、ツイッターをはじめとするSNSに次々と投稿されている。アマビエには疫病に際して「自分を描いた絵を見せよ」と人々に伝えた、という伝承があり、新型コロナウイルスの流行が続く今、にわかに脚光を集めているのだ。

江戸末期に肥後に出現

news_20200308210307-thumb-645xauto-174071.jpg

アマビエは江戸時代末期の弘化3年(1846年)、肥後国(熊本県)に出現した怪異として、当時の新聞である瓦版にその姿が収められている。
この瓦版によると、何やら海に夜ごと光るものがあり、役人が調査に赴くと、奇妙な妖怪が姿を現した。
妖怪は、
「私は海中に住む『アマビエ』である」と名乗り、
「もし疫病が流行るようなことがあれば、私を描いた絵を人々に見せよ」と告げて、再び海の中に消えたという。

(Jキャストニュース 2020/3/ 8 18:06)

今朝の「とくダネ!」で紹介されていたのでさっそく検索してみました。

毎日、同じ学者さんとお医者さんが出て来て不安を増長させてるお隣のワイドショーより、ほほえましくてほっこりしました。


今日は朝から雨、一時春の嵐になるとか。児童クラブ(学童保育)の子ども達も外遊びができないので退屈しそう・・・と思ってました。

昨日、ちょうど支援員の先生が100均で“プラバン”を買ってきて下さったので、さっそく子どもたちとプラバンにアマビエ描いてみよう!!

きっとみんな喜んでくれそう・・・!!

※プラバンとは、プラスチックの薄いプレートにマジックなどで絵を描き、オーブントースターで焼くと縮んでアクセサリーやペンダントにできるんです。

子どもたちはみんな大好き!!昨年の夏休みは何度も追加で買ってきていっぱい作りましたよ!!

1218212071.jpg
ゲゲゲの鬼太郎「妖怪四十七士」熊本代表 アマビエ
妖怪長屋の住人の一人。蒼坊主に出会う前は、熊本県の海中で暮らしていた。
(東映アニメーションHPより)





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント