冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その2>室津漁港の牡蠣直売所

赤穂へは行きは姫路バイパス~山陽自動車道とササッと高速飛ばして行きましたが、帰りはボチボチと播磨灘沿岸に張り付くように続くクネクネ県道を走って、以前から一度訪ねてみたかった室津に立ち寄ってみました。

姫路ナンバーは運転が荒いので有名。細いクネクネ道をビュンビュン飛ばすので要注意です!!

IMG_20200215_1600122.jpg
沖には牡蠣の筏が浮かび、道路脇は競い合うように大きなノボリが立ち並んで、冬の播磨灘沿岸は週末は新鮮な牡蠣を求めてどこもとっても賑わいます。
坂越~相生~室津と牡蠣スポットが続きますが、坂越牡蠣は赤穂市、相生牡蠣は相生市、室津牡蠣はたつの市・・・・とすぐご近所なのにみんな市が違うんです。
なので、「おらが一番」とばかりにブランド牡蠣として張り合っています。
でも、ほとんど地元で消費されるので、私の住む街のスーパーでもほとんど出会う事がありません。

146079524612666403178_P40818632.jpg
坂越は伝統的建造物群による古い町並みが並ぶ港町です。普段はこんな風に↑静かな町ですが、坂越牡蠣を求めて港は賑わってて、久しぶりにちょっと立ち寄りたかったけど駐車場がいっぱいでスルーされてしまった。

良かったら以前のレポートを読んでみて下さいね。↓
https://yonalog.at.webry.info/201604/article_12.html赤穂御崎で春爛漫!<その3>古い港町「坂越」

隣の相生は、複雑に入り組んだ相生湾に造船所が並びあまり牡蠣のイメージはないけど、相生湾は栄養豊富で牡蠣の養殖が盛んです。
道の駅「あいおい白龍城(ペーロンジョウ)」という一際目立つハデハデ道の駅も駐車場はいっぱいでした。

そして、いよいよ室津へ!!

IMG_20200215_1417422.jpg
静かな漁村を想像していたのに、びっくりここも大変な賑わい!!幸い駐車場はあちこちにあってすぐ停める事ができました。

IMG_20200215_1458302.jpg
小さな入り江に大小の漁船がびっしり!!

IMG_20200215_1426572.jpg

IMG_20200215_14284722.jpg
す、すごい牡蠣・カキ・かき!!

室津港には豊富な栄養分をもつ揖保川と千種川が山深くから流れます。
その山の恵と海の恵を受け室津の牡蠣は美味しく大きく育ちます。(たつの市HPより)

IMG_20200215_1446102.jpg
数軒かたまって直売店があって、どこも入口で無料の焼き牡蠣の試食をやってました。もしかすると試食のはしごをやってる人がいるかも・・・。

IMG_20200215_1429412.jpg

IMG_20200215_142954222.jpg
堂々の店構えと網元という二文字に惹かれ「津田正水産」というお店に並んでみました。

IMG_20200215_1432002.jpg
若い女の子が忙しそうに殻付き牡蠣を焼いています。

IMG_20200215_1433012.jpg
焼き上がりに液体レモンをかけて口にツルリ!!プリップリでおいし~い!!
やっぱり牡蠣はシンプルに“焼き”が一番かも!!

IMG_20200215_1435462.jpg
吸い込まれるように店内へ!!殻つき1kg 980円とむき身は500g 1200円購入!!
殻つき買ったはいいけど、どう調理すればいいの?と思ったらお店の人が、
「電子レンジで1個につき1分チンすればいいよ!!」

IMG_20200215_1441152.jpg
店の奥では、忙しそうに牡蠣の殻むき作業をされてました。(許可を得て入口から撮影)

IMG_20200215_1425582.jpg
店先ではいわしの干物も売ってます!!


冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その3>室津の古い街並みへ・・・につづく





冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その1>鹿久居荘赤穂店で牡蠣料理

先日の週末、いつも利用している旅行サイトの“ポイント消化”で、赤穂温泉の「鹿久居荘赤穂店」さんに牡蠣料理を食べに行きました。

鹿久居荘さんは料理旅館。本店は県境をまたいでお隣の日生にあり、ここは姉妹店です。

赤穂温泉と言っても、風光明媚な赤穂御崎に並ぶ旅館街とは離れていて街中の道路沿い。

11時に予約してたので、まだお客も少なく館内はひっそりしてました。

ロビーには、待ち時間に退屈しないように?!お祭りの屋台風の射的やくじ引きコーナーがあって、とっても昭和な雰囲気満載です。

ここは、広い食事処の中央に大きな生簀があって、その周りが個室になっていて生簀を眺めながら食事ができるという事なので、楽しみにしていたんですが、ご親切?!に襖で仕切った個室に通されました。

IMG_20200215_1109572.jpg
予約していたのは、「かき華膳」(3900円)というお手軽プラン。地元赤穂市坂越産の牡蠣がいろいろな料理になっています。
写真撮りそこないでして、実は手前に細長いお皿に並んだ五種類の前菜があり、そのひとつは牡蠣の佃煮でした。
テッパンだけど揚げたて牡蠣フライ激ウマ!!甘目のおみそで煮込んだ牡蠣の味噌鍋もとっても美味しかった。
御膳が運ばれてきた時は、「えっ、これだけ?!」なんて思ってしまったけど、食べるとかなりのボリュームでお腹パンパン!!
牡蠣の数数えてみたら丁度10個でした。食後に注文したコーヒー(3000円以上の料理注文で半額)も“意外”に美味しかったです。

食事を終えて個室を出るとひっそりしてた広い食事処は満員御礼でびっくり!!
ここはどうやら観光客向けというより地元で愛される人気店のようで、ロビーには何組か待ち客がいました。

食事の後はプランに付いてる旅館4階の温泉へ!!

IMG_20200215_1212512.jpg
「よみがえりの湯」~含弱放射能-Ca・Na 塩化物強塩低温泉
小じんまりだけど、誰も入ってくる事もなく嬉しい貸切!!

IMG_20200215_1213402.jpg
奥には小さな露天風呂も!!
強塩泉という事なので蛇口からちょっとなめてみたけど、あまり塩味は感じられませんでした。
でも、入浴後も湯冷めしにくいのが特徴とかで、ポカポカ!!

IMG_20200215_1215282.jpg
露天風呂から~松林の向こうの観覧車は赤穂海浜公園。播磨灘に横たわるのは家島諸島の西島かな・・・。

750円で日帰り入浴だけもOK。でもお風呂だけならやはり設備も眺めもいい赤穂御崎沿いの「銀波荘」とか「祥吉」に行くかな・・・。


冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その2>室津漁港の牡蠣直売所・・・につづく