冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その2>室津漁港の牡蠣直売所

赤穂へは行きは姫路バイパス~山陽自動車道とササッと高速飛ばして行きましたが、帰りはボチボチと播磨灘沿岸に張り付くように続くクネクネ県道を走って、以前から一度訪ねてみたかった室津に立ち寄ってみました。

姫路ナンバーは運転が荒いので有名。細いクネクネ道をビュンビュン飛ばすので要注意です!!

IMG_20200215_1600122.jpg
沖には牡蠣の筏が浮かび、道路脇は競い合うように大きなノボリが立ち並んで、冬の播磨灘沿岸は週末は新鮮な牡蠣を求めてどこもとっても賑わいます。
坂越~相生~室津と牡蠣スポットが続きますが、坂越牡蠣は赤穂市、相生牡蠣は相生市、室津牡蠣はたつの市・・・・とすぐご近所なのにみんな市が違うんです。
なので、「おらが一番」とばかりにブランド牡蠣として張り合っています。
でも、ほとんど地元で消費されるので、私の住む街のスーパーでもほとんど出会う事がありません。

146079524612666403178_P40818632.jpg
坂越は伝統的建造物群による古い町並みが並ぶ港町です。普段はこんな風に↑静かな町ですが、坂越牡蠣を求めて港は賑わってて、久しぶりにちょっと立ち寄りたかったけど駐車場がいっぱいでスルーされてしまった。

良かったら以前のレポートを読んでみて下さいね。↓
https://yonalog.at.webry.info/201604/article_12.html赤穂御崎で春爛漫!<その3>古い港町「坂越」

隣の相生は、複雑に入り組んだ相生湾に造船所が並びあまり牡蠣のイメージはないけど、相生湾は栄養豊富で牡蠣の養殖が盛んです。
道の駅「あいおい白龍城(ペーロンジョウ)」という一際目立つハデハデ道の駅も駐車場はいっぱいでした。

そして、いよいよ室津へ!!

IMG_20200215_1417422.jpg
静かな漁村を想像していたのに、びっくりここも大変な賑わい!!幸い駐車場はあちこちにあってすぐ停める事ができました。

IMG_20200215_1458302.jpg
小さな入り江に大小の漁船がびっしり!!

IMG_20200215_1426572.jpg

IMG_20200215_14284722.jpg
す、すごい牡蠣・カキ・かき!!

室津港には豊富な栄養分をもつ揖保川と千種川が山深くから流れます。
その山の恵と海の恵を受け室津の牡蠣は美味しく大きく育ちます。(たつの市HPより)

IMG_20200215_1446102.jpg
数軒かたまって直売店があって、どこも入口で無料の焼き牡蠣の試食をやってました。もしかすると試食のはしごをやってる人がいるかも・・・。

IMG_20200215_1429412.jpg

IMG_20200215_142954222.jpg
堂々の店構えと網元という二文字に惹かれ「津田正水産」というお店に並んでみました。

IMG_20200215_1432002.jpg
若い女の子が忙しそうに殻付き牡蠣を焼いています。

IMG_20200215_1433012.jpg
焼き上がりに液体レモンをかけて口にツルリ!!プリップリでおいし~い!!
やっぱり牡蠣はシンプルに“焼き”が一番かも!!

IMG_20200215_1435462.jpg
吸い込まれるように店内へ!!殻つき1kg 980円とむき身は500g 1200円購入!!
殻つき買ったはいいけど、どう調理すればいいの?と思ったらお店の人が、
「電子レンジで1個につき1分チンすればいいよ!!」

IMG_20200215_1441152.jpg
店の奥では、忙しそうに牡蠣の殻むき作業をされてました。(許可を得て入口から撮影)

IMG_20200215_1425582.jpg
店先ではいわしの干物も売ってます!!


冬の播磨灘沿岸は牡蠣海道!<その3>室津の古い街並みへ・・・につづく





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント