ロシアの少女達はおそろしや!!

フィギュアグランプリファイナルを制したロシアのコストルナヤ選手が、昨日ロシア選手権のSPでロシア男子のトップより高得点の 89.86をたたき出したとネットを賑わしていました。

ところが、ビックリ!!SP79.93で2位だったアンナ・シェルバコワ選手が、フリーであっさり覆し261.87で優勝しました。
コストルナヤ選手もパーフェクトだけど、彼女の武器は3Aなのに対し、シェルバコワ選手は羽生クンでも単独しか跳べない4Lzに+3Tのコンビネーション成功!!

anna_shcherbakova.jpg
(画像は試合とは関係ありません。ネットからお借りしたものです。

シーズン当初注目されていたトゥルソワ選手はSP、フリー共に3位。それでも得点は226.34。 アリエヘンわ!!
1本目4F転倒  2本目4Lz転倒  4T3Tパンク ところが、男子でも困難な演技後半で、4T1Eu3S成功、さらに一般女子なら最高難度レベルの3Lz3Loを後半で成功させ巻き返したそうな!!

アンナ・シェルバコワ
261.87  SP79.93 FS 181.94(技術点108.2)

アリョーナ・コストルナヤ
259.83  SP89.86  FS169.97(技術点92.90)

アレクサンドラ・トゥルソワ
226.34 SP 76.46 FS 149.88 (技術点82.74)

恐るべし!!脅威のロシアの少女達。しかも3人とも同じコーチ!!いったいどんなすごい練習してるんでしょ!!

そんな中、ベテラン トゥクタミシェワ選手が204.63で4位(SP 75.74 FS 128.89)
フリーで4Tにチャレンジしたそうな!!転倒したけど・・・。がんばってるぅ~

かつての女王メドベージェワ選手が、不運にも試合前日にシューズが壊れ、SP5位だったけど、フリーは棄権したそうです。

ちなみに、全日本では、
1位 紀平梨花 229.20  
2位 樋口新葉 206.61  
3位 川畑和愛 193.96

紀平選手が世界選手権で、今の構成でパーフェクトを取っても3位食い込めるかどうか・・・。
そして、3位の川畑選手の点数は、ロシア選手権だと9位 私の大好きなサモドゥロワ選手 192.08の上に当たります。
川畑選手も、サモドゥロワ選手もノーミス!!もはや女子もジャンプの難度で競い合う時代になってしまってますね。
ロシアの3少女達には、フツーの3回転では歯が立たないわ~!!