心臓バクバクが止まらない!!限界に挑んだ羽生クン!!

EEdmJxyXkAIUivc.jpg

Happy birthday to Yuzuru  HANYU ! 
羽生くんのフリーの衣装の色で決めてみました!!

2年ぶりに本番で4Lz成功!!そして全部での4回転5つ成功!!

最後の最後、絶対自信アリのトリプルアクセルのコンビネーション(だからこそ一番疲れる最後に取っといたはずなのに・・・)が、パンクして、思わず悲鳴を上げてしまった。

最後のパンクが響いて得点が伸びず。フリー194.00 計291.43   

羽生クンなら無理せずパーフェクト演技すれば300点越えできるけど、あえて難度の高いプログラムを組んで自分の限界に挑戦した事は素晴らしい!!

それが、羽生クンの魅力だし、私達ファンを魅了してやまないのだ!!

演技後、エネルギーを使いきってプーさんのプールの中でへたりこんでしまいました。

一方のネイサン・チェン選手はショート・フリーともに完璧で335.50 自信が持つ世界最高得点更新!!

ここまで点数差が開くと、もう誰も何も文句の付けようがないでしょう。

それは、悔しいけど技術の差ではなく年齢的スタミナの差かもしれません。

いっぱいいっぱいの羽生クンに対して憎らしいほど余裕しゃくしゃくのネイサン選手・・・。

ソチ五輪シーズンに、それまで絶対王者として君臨していたカナダのパトリック・チャン選手と10代の羽生クンが入れ替わったように、悔しいけどいつかはやってくる瞬間なのかも・・・。

でも、ネイサン選手自身も、平昌五輪でのショートの失敗の屈辱が、その後の快進撃のエネルギーになっているようにも思えます。




びっくり!東海道新幹線の色はタバコのハイライト?!

今朝の「チコちゃんに叱られる」の最初のネタ!!

img01_exhibition.png

東海道新幹線の色は、色を決める会議の席にあったタバコの箱が青と白だったから・・・。

large_180824_shinkansen0kei_01.jpg

タバコの銘柄は「ハイライト

l-1027.jpgWikipediaで検索してみると、
JTの前身である日本専売公社が1960年に発売して以来のロングセラー。
1964年10月開業の東海道新幹線0系の車体色は、当時、配色に頭を悩ませていた国鉄職員が、会議室でハイライトの箱を見て決めた。

このブルーは初代0系から代々受け継がれ「新幹線ブルー」って呼ばれているそうですわ。
私の住む街は新幹線が停車する(新)神戸と姫路に挟まれ、あっと言う間に高架を通過するだけですが、それでも目にするとウキウキするもんね!!

それにしても、今では考えられない煙モクモクとっても昭和な会議だったんですね~。
息子が「昔はみんなタバコ吸いながら仕事してたって先輩が言うてたわ。アリエヘンなぁ~

ところで、この番組たまに土曜日の朝見てますが、元は見た事ないんですけど~。