美しすぎる羽生クン、強い宇野クンが帰ってきた~!!

全日本選手権男子ショート

羽生クンの演技

o0536053514391284890.jpg
4S~GOE加点4.30
4T+3T~GOE加点4.34
3A GOE加点2.63
スピン・ステップ オールレベル4+加点
合計 技術点62.33 演技構成点48.39 110.72  世界最高得点!!(国内戦のため非公認)
完璧!! 

試合直後は、ガッツポーズではなく自分に言い聞かせるように大きくうなずいた。
GPF惨敗からわずか2週間で戻ってきた流れるような美しすぎるパーフェクト演技に涙が溢れました。
そして、私の心を埋め尽くしたのは、あ~この演技をGPFで見たかった~という気持ち!!

羽生クンは、ジャンプの順番を<4S→3A→4T+3T(1.1倍)から4S→4T+3T→3A(1.1倍)>に変えてきました。
この事について、試合後のインタビューで「GOEを大きくかせぎたい」と言ってました。
これは、GPFでのコンビネーションパンクによる大幅失点の反省から、高難度な構成による基礎点UPより確実な演技で加点勝負すると言う意味だけでなく、もし2本目パンクしても3本目でリカバリする作戦もあったのでは・・・。

そして、今シーズンこの先どうなるかと心配してた宇野クンもパーフェクトで105.71!!
羽生・宇野・高橋最後の戦いって触れ込みだったけど・・・世界で戦う二人が次元の違いを見せつけましたね。

3位はなんと期待のジュニア、ジュニアGPFで優勝した佐藤駿選手。
滑走順4番だったのでBSでの視聴でした。3本目に4Tを入れて成功。これはコーチも知らなかったそうです。
佐藤選手の度胸の良さに感服するとともに、82.68で3位は、他選手のふがいなさもちょっと感じてしまいました。

(画像は試合とは関係なくネットからお借りしたものです。)







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント