仙台から羽生クンに続け!!15歳の佐藤駿選手がジュニアグランプリファイナル世界最高得点で優勝!!

ジュニアGPファイナルで佐藤V

【トリノ共同】フィギュアスケートのジュニア・グランプリ(GP)ファイナル最終日は7日、トリノで行われ、男子はショートプログラム(SP)で3位だった15歳の佐藤駿(埼玉栄高)がフリーでルッツ、トーループの2種類計3度の4回転ジャンプを決めて177・86点の1位となって逆転し、合計255・11点で初制覇した。

 同種目のタイトルは日本勢で2005年の小塚崇彦、09年の羽生結弦、14年の宇野昌磨に続いて4人目。

(元記事 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/GCO2019120701002252.html)


6904959 (1).jpg
(画像はネットからお借りしました

シニアと同じ会場で開催されていたジュニアGPFで羽生クンの後輩 佐藤駿くんがジュニア世界歴代最高得点で優勝って素晴らしい!!

ショート3位って報じられていたので、もしかしたら表彰台!って期待してたけど、まさかの快挙!!

それにしても、羽生クンの鬼門4Lzを試合で跳んだってスゴ過ぎ~!!

羽生クン、宇野クンに続く世界で戦える選手がやっと出てきたって感じですね。

幼い時、羽生クンと同じリンクで練習していて、羽生クンからもらったペンダントを付けて挑んだそうですよ!!







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント