“大差”の敗因は4回転の種類ではなく、得点源のコンビネーションのパンクでしょ!!

羽生クンとネイサン選手の怒涛の一騎打ちから一夜明けると、6ch「サンデーLIVE」、10ch「シューイチ」のスポーツコーナーでこの試合の結果を報じていました。

どちらも、4回転ジャンプの種類が勝敗を分けたような切り口で、再びトップを奪取するには4回転アクセルとしきりに煽っていました。

ちょっと待って!!確かに羽生クンより高難度の4回転を跳ぶネイサンに打ち勝つにはそうなのかもしれません。

でも今回の試合に限れば、約44点差もの屈辱的“大差”に関しては、そうではないでしょ!!

ショート、フリーとも1.1倍の大量得点源となる最後のコンビネーションのパンクに尽きると思うんです。

それは、誰でもない本人がネイサン選手に負けた事より悔しかった点のような気がします。

「シューイチ」は失敗した最後のジャンプは映像を流す事すらしなかった。

それは兎にも角にも、4回転対決に持って行きたいという番組が作ったシナリオにそぐわないからでしょう。

どちらも解説はフィギュア評論家 佐野稔氏でした。しきりの4回転アクセルを煽ってましたWA。

★羽生くんのGPシリーズ2019の成績

カナダ大会 ショート109.60(3本目 4T+3T 16.97獲得) フリー212.99(7本目 3A+2T 11.60獲得) 計322.59

NHK杯 ショート109.34(3本目 4T+3T 17.51獲得) フリー195.71(7本目 3A+1Eu+3S 16.82獲得) 計305.05

ファイナル ショート97.43(3本目 4T+× 5.70(予定4T+3T)獲得) フリー194.00(7本目 1A 1.27(予定3A+3A)獲得) 計291.43

★ネイサン・チェンのファイナルの成績

ショート110.38(3本目 4T+3T 18.06獲得) フリー224.92(7本目 3Lz+3T 12.96獲得) 計335.3

ご覧ください一目瞭然でしょ!ショートの3本目は同じ構成、フリーは難度の高い3A+3Aのコンビネーションを失敗したけど、ネイサン選手は男子なら誰でも跳べそうな3回転のコンビで12.96も獲得してますよ!!

でも、羽生クンがコメントしてました。「試合で4回転ルッツと4回転ループを成功できた事は嬉しい!!」と述べ

「強くなりたいと思えるのは隣にネイサン選手がいるから」と感謝の気持ちを述べていました。

そして、昨日は羽生クンのお誕生日。荒川さんから大きな「シルバー」のバースデイケーキもらってました。

ゴールドでないのは残念だったけど・・・。

本命世界選手権で美しいパーフェクト演技をぜひ見せてほしいです!!

20191028s00079000096000p_view.jpg
世界選手権でこのポーズが見たい!!

(個人的意見につき反論コメント固くお断りします。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント