岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その10>花巻温泉郷 大沢温泉②自炊部「湯治屋」と湯めぐり

温泉旅館の醍醐味、夕食後と翌朝たっぷり湯めぐりを楽しみました。
ここ大沢温泉は、昔ながらの湯治が今も息づく自炊部“湯治屋”と混浴露天風呂が特に有名なんです。

P52817902.jpg

P52817862.jpg
自炊部「湯治屋」玄関
昭和20年、空襲で東京のアトリエを失った高村光太郎は、宮沢賢治の父の世話で花巻に疎開し、大沢温泉が大変気に入って通ったそうです。

map-kiku (1).jpg
湯量豊富ですが、泉質はノーマルなアルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)
(画像はHPからお借りしました)

大沢の湯
有名な川沿いの混浴露天風呂ですが、20:00〜21:00だけ女性専用タイムなんです。

touj_osawa_pic1.jpg
(画像はHPからお借りしました。)

P52717742.jpg
「山水閣」と「湯治屋」は廊下で繋がっています。
大沢の湯は湯治屋の一番奥にあって湯治屋館内を通り抜ける事になるんで、ちょっとした湯治宿探検となりました。

P52717652.jpg
湯治屋は前日の後生掛温泉や玉川温泉のように改築される事なく昔のままの湯治宿の趣が残っています。
部屋は障子だけなので、廊下を通るのは結構気を使いました。

P52717772.jpg
自炊用の台所~小学校の給食室みたい!!別に食堂もあってレトロ情緒満点でしたョ。

若い頃は、オンボロユースホステルの8人相部屋とか、民宿の鍵もない6畳部屋とか平気だったけど、今は設備の整った旅館に慣れてしまってキツイかな~。
でも、東北新幹線の新花巻駅にも近く交通アクセスはとてもいいので、いつかもっと歳を重ねあちこち(身体の)故障してきたら「湯治屋」でプチ湯治してみたいです。それまでこのままの雰囲気を大事に残しておいてほしいものです。

大沢の湯の入口では湯治屋のオバチャンが男性が来ないように番をしてくれてます。
1時間だけの大沢の湯の女性タイムは賑わっていました。
暗めの照明で情緒あったけど、せっかく景色がいいので明るい時間に入りたかったナ。
でも、更衣室はなく湯船の後ろの棚に入れる昔ながらのタイプなので、明るい時間に女性はやはりハードル高いかも!!
夫は、翌日の早朝一番乗りで入ったので貸切状態でご満悦でした。

薬師の湯
P52717732.jpg
湯治屋の内湯。天井が高くとてもレトロな雰囲気。湯治屋の客が大勢入ってて落ち着かないから翌日早朝リベンジしました。古いけど手入れが行き届いててとっても気持ち良かった。

かわべの湯(女性専用露天風呂)

P52717712.jpg
小じんまりでしたが、私だけだったので優雅な貸切風呂みたいでした。

豊沢の湯
P52717782.jpg
湯治屋と山水閣のつなぎ目にある大浴場。3館共通、外来入浴でも入れます。豊平川沿いの大きな窓は開け放たれ半露天のような趣で開放感たっぷり。意外にも他のお客が入ってくる事はなく大きな湯船を独り占め!!旅館の中で一番気に入って、夜と翌朝2回も入りました。
朝は川のせせらぎの音と新緑がとっても気持ち良かったです!


3日目はいよいよ最終日。40数年ぶりの中尊寺金色堂再訪です。

岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その11>中尊寺と毛越寺・・・につづく





















ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント