しまなみ日帰りひとり旅<その5>尾道散策②

PA0123932.jpg
「みやち」の近くから線路を渡って山側に向かいました。階段の上に見えるのは宝土寺。
尾道は坂の町。線路の北側に広がる山側に張り付くようにたくさんのお寺があって、お寺と坂道と上から見下ろす尾道水道の眺めが独特の景観なんです。

PA0123562.jpg
宝土寺への急な階段を上がると、ネコちゃんがのんびり寝そべってました。

PA0123602.jpg
お気に入りの1枚!!

今回は、お寺巡りではなく、以前から気になってた「猫の細道」探しです。
「猫の細道」探し・・・と言うのは、坂や細い路地が入り組んでいてなかなか見つけにくいらしいのです。

PA0123612.jpg
くねくね曲がった石畳を上って行ったら偶然見つけた志賀直哉旧居。残念ながらこの日は休館日。
すぐそばに素敵なカフェがあったけどそこもお休みでした。

PA0123662.jpg
志賀直哉旧居からは、並行する尾道大橋(奥)と新尾道大橋(西瀬戸自動車道)(手前)がよく見えました。

PA0123692.jpg
目的の「猫の細道」は天寧寺(てんねいじ)の三重塔(国の重要文化財)が目印ってネットに載ってたから迷わずすぐ見つかりました。

PA0123732.jpg
猫がいっぱいいるエリアかと思いきや、園山春二氏という作家さんが作った「福石猫」が点在し、ネコにまつわるお店が集まっている事からこの名前がついたらしい・・・。残念ながら猫ちゃんには全く出会えませんでした。

PA01236622.jpg
なんだかなぁ・・・。

PA0123742.jpg
背中には干支が描かれていて自分の干支を探すのは楽しいかも!!

PA0123702.jpg猫の細道の中にある 古民家カフェ「梟の館」
観光客に人気のお店らしいのですが、わざわざ探した訳でなく歩いていたら偶然見つけたんです。

PA0123712.jpg
一見廃屋のよう・・・。でも店内はアンティークな家具に囲まれた素敵なカフェで落ち着けました。
そして、猫の細道の中心にあるのになぜか梟の置物がいっぱい!!残念ながらなぜか店内撮影禁止!

眺めのイイ縁側に座ってのんびりコーヒーを飲んで過ごしました。600円とホテル並みのお値段でちょっと引いてしまいましたが、崖の上という不便な場所での営業なので手間賃かな!!

ここのトイレがびっくりでした。水洗でもなく、簡易水洗でもなく、今時珍しいボットントイレ。しかも中は怖いほどものすごく深くて真っ暗。落ちたら一巻の終わりだね。夜にお酒飲む人は気をつけないと・・・なんて余計な心配してしまいました。いや環境重視と言う事で・・・。

PA0123224.jpg
平日の夕暮れだからかどの店も何だか淋しい・・・。

PA0123682.jpgこのエリア、雰囲気はいいけど実はとっても危険ゾーンのようです。「崩壊危険区域」の立札が・・・。

坂をぶらぶら上がってきたのはいいけど駅まで戻ると思うと気が遠くなってしまいました。
日が暮れたら恐いから早歩きで長い坂道を一気にかけ降りました。

旅の締めくくりは駅近くで通称「尾道焼き」と呼ばれるお好み焼きを食べるつもりだったんだけどココもお休みでした。
“この日”は火曜日。どうやら尾道の火曜日はNG曜日のようです。

予定してた列車の時間までベンチに座って向島の造船所の夜景や行きかう船をボケーッと眺めて過ごしました。

PA0124112.jpg
夕暮れの渡船。通勤通学の大切な足なんですね!!

PA0124132.jpg
駅前は芝生広場になっていて、高校生たちがいっぱい集まり青春してました!

PA0123225.jpg
尾道はひとり旅が似合います。そしてどこを切り取っても絵になる素敵な町です。・・・END!!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント