岩手・秋田~絶景&温泉ドライブ旅行<その12>のんびり新緑の猊鼻渓舟下り

平泉を後にして今回の旅の最後、国の天然記念物猊鼻渓に向かいました。

平泉を中心に、西に厳美渓、東に猊鼻渓という二つの渓谷があります。呼び方も前者ゲンビケイ、後者ゲイビケイと似ててややこしいです。
厳美渓は、渓流をはさんだ対岸にあるお団子屋さんに注文すると、お団子とお茶がロープに下がった籠に入れてやってくる「かっこう団子」通称「空飛ぶ団子」が人気!旅番組で取り上げられているのを何度も見た事があって当初はこちらに行こうと思ってました。
でも、ネットで調べると猊鼻渓の舟下りが優雅で面白いという記事がいっぱい揚がってて面白そうなので予定変更したんです。

IMG_20190528_10531322.jpg

P52818372.jpg
ここで名物のお団子を買ったら駐車場無料にしてくれました。
甘いお味噌がたっぷり塗ってあって五平餅みたいなお味でおいしかったです!!

P52818392.jpg
猊鼻渓は、北上川支流の砂鉄川沿いに、高さ50mを超える石灰岩の岸壁が、およそ2kmにわたって続く渓谷です。(猊鼻渓舟下りHP
より)
P52818412.jpg
大人気猊鼻渓舟下り
乗船料1600円 東北乗り放題パスで100円引きでした。
往復90分、一番奥のところで下船して20分の休憩タイムがあります。

P52818582.jpg
最初から最後までずう~っと手漕ぎの舟下りは日本中でここだけなんだとか!!

P52818662.jpg
深い渓谷を分け入るように進んでいきます。

P52818602.jpg
保津峡下りのような急流を想像していたら、まったく違ってて水深も浅くて流れはとてもゆるやか!!

途中出会った他の船に乗ってる修学旅行の高校生たちから「ニーハオ~」
ゲッ!中国人ツアーと間違われた!

P528185022.jpg
鏡明岩

P52818552.jpg
羅沙門窟

IMG_20190528_10531323.jpg
奥に進むにつれてそそり立つ巨岩が次々と現れます。

IMG_20190528_1343392.jpg
渓谷の一番奥、折り返し地点の船着き場で上陸して20分の休憩タイム!!


IMG_20190528_1347082.jpg
ここでのお楽しみ!!「うん玉投げ」

見事「うん玉」がこの穴に入ったら願うがかなう?!人気パワースポットです。
「福」「縁」「寿」「愛」「願」「運」「恋」「絆」「禄」「財」の10種類の運玉のうち5つ選んで穴に投げ入れるんです。<運玉5個で100円>

IMG_20190528_1346212.jpg
若い頃野球やってた夫、自信満々でチャレンジしたけど・・・。

IMG_20190528_1403472.jpg
帰りには、「げいび追分」という猊鼻渓オリジナルの歌と岩手県の民謡を歌ってくれます。歌い込んで伸びやかな声はそそりたつ岩肌に響き渡り情緒満点!!

P52818722.jpg
名物の鮎の塩焼きでちょっと休憩して、猊鼻渓を後にしました。

P52818772.jpg
駐車場に戻る時、ちょうどちょうど大船渡線の普通列車が鉄橋を渡っていきましたョ。

一ノ関ICの手前で、この旅2回目の渋滞に合いヒヤッとしたけど、ランチも抜いて移動したので2時間ぐらい余裕で無事仙台空港到着。

P52818822.jpg
余った時間で空港近くの牛たんの人気店「たんとろ」へ!!

P52818792.jpg
ちょっと無愛想な店主が手際良く炭火で焼きあげてくれます。

P52818812.jpg
お昼抜きだったのでお腹ペコペコ。おいしくいただきました。

P52818832.jpg
おみやげ屋さんが並ぶ仙台空港2F出発フロア

P52818852.jpg
夜の国内線待合室

わずか3日でしたが、夫婦喧嘩もトラブルもなく、天気にも恵まれ充実した北東北の旅は無事終わりました。
長いダラダラ旅ブログを読んでくださった皆さんありがとうございました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント