テレビ画面に向かって拍手喝采!リカちゃんの圧巻演技!!

きのうのGPシリーズ第4戦 NHK杯女子フリーはパーフェクト演技続出で文句なしにフィギュアファンを楽しませてくれました。

中でも、紀平梨花選手(以下リカちゃん)は別格だった。 

画像


冒頭は、男子でも難しいトリプルアクセル(以下3A)+3Tのコンビネーションを何の迷いもなくさらりと跳び、続く2本目の単独3Aは羽生くんも真っ青のGOE3.09点だったそうです。

他のジャンプも両手を上げたり、3連続だったりと高難度のジャンプをたたみかける様に次々と決めていきました。

トリプルアクセルと言えばずう~と浅田真央さんの代名詞、そしてピンクの衣装でピョンピョン跳ぶ愛らしい映像が度々流れてきましたが、

リカちゃんの演技はジャンプだけじゃない!まだ16歳とは思えないしっとりした演技力が魅力です!!

特に、手先の演技表現がなめらかで素晴らしい。

今年、全国5ヶ所で開催されたアイスショー「ファンタジー オン アイス」にフル出場して、このフリーのプログラムを披露、演技を磨いてきたんです。

録画保存している神戸公演の時と比べても、はるかに演技に磨きがかかっていると感じました。


実は、シニアデビュー戦は、スロバキアの「オンドレイ・ネペラ杯」というマイナーな試合でした。

夕方の関西ローカルの情報バラエティで、リカちゃんの優勝を伝えていましたが、

シニアデビュー戦でトリプルアクセル2本大成功のビッグニュースにもかかわらず、流れた映像は画質の悪いスマホ動画映像!!しかも観客ほぼ0に等しくて・・・。

動画は家族が撮ったんでしょうかね~。こんなマイナーな試合でもったいないヨ~と思ったものでした。

全国津々浦々で流れるNHK杯の大舞台で、やってのけてくれてメチャ嬉しかったヨ!!


今年のNHK杯女子はとにかくハイレベル。2位だった宮原選手も充分優勝レベルのパーフェクト演技だったし、

平昌五輪に出場できなかったトゥクタミシェワ選手、三原舞依選手の復活もとっても嬉しかったです。


それに引き替え不甲斐ない男子の演技。宇野昌磨選手はフリー冒頭3本の4回転成功したものの後半スタミナ切れなのかミスが目立った。それでもやっぱりNo.2のハイレベル演技でぶっちぎり。

でもその下は何これ国際試合かいという低レベル。224.71で銅メダルってどうよ!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック