冷静な判断でプレッシャーに打ち勝った紀平選手!!GPフランス大会日本女子1.2フィニッシュ!!

GPフランス大会

ショート首位発進だった三原舞依選手は202.81 2位 

フリーもパーフェクトと思われたけど、最後の1本がダブルになってしまいました。

それでも、舞依ちゃんらしいやわらかな演技に思わずもらい泣き!!


優勝したのは紀平梨花選手。205.92

画像
(画像はNHK杯のものでネットからお借りしました)

NHK杯フリーで2本の3A、しかも2本目は3Tコンビネーションというスゴ技を決めてのシニアデビュー初優勝に一躍時の人。

案の定テレビは、りかちゃん特集まで組む始末。

お願い!16歳の少女にプレッシャーを掛けないで!!と願う一方で興味深々の私の中の矛盾よ!!

そして、どきどきしながら見守った今日のフリー。

1本目の3Aは詰まりながらも着氷したけど回転不足を取られてました。

すごいのは2本目

当初の3A+3Tを2A+3Tにダウングレードさせてました。

1本目の出来が悪かったので、2本目もし失敗してコンビネーションを付けられなかったらリピートを取られ大幅減点されるため、ダウングレードでGOEUPを狙うというとっさのスーパー判断!!

試合後のコメント!「本番になったら筋肉がうまく合ってなくて足に力が入らなくてどうしようかと思いました。」

もしかしたら、こういう場面に直面した時の対策を前持ってコーチと打ち合わせてたかも知れないけど、本番で実行する事は難しいでしょ!!

わずか16歳とは思えないその冷静さはアッパレだ~!!


欲を言えば、リカちゃんはNHK杯を優勝しているので、2戦目のフランス杯は4位までに入賞すればファイナル出場決定なので、優勝は舞依ちゃんに譲ってあげてほしかったかな・・・。

早々と2戦を終えていた仲良し坂本カオちゃんと一緒にファイナル出場させてあげたかったヨ・・・。

そしたら、日本女子ファイナル4人出場の快挙になってたかも!!

今さらながら舞依ちゃんの最後の1本のジャンプミスが惜しまれますね・・・。


鉄の絶対女王を誇ったメドベージェワ選手のファイナル落ちは衝撃でした。

カナダに渡ってホントにどうしっちゃったんでしょうかね~。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック