羽生くん、初戦勝負にこだわらなくても余裕の首位発進!!

カナダ オータム クラシック  

<CSテレ朝チャンネル2  15~16時 男女ショートダイジェスト版>


ブルーとグレーのグラデーションのシックなカラー、胸まで大きく開いた衣装。

4s、3A、4T+3T 3つのジャンプを全て前半に入れるという羽生くんが“こだわった”勝負にこだわらない構成。

ジャンプは3本目ややあやうい着地だったけど無事成功。

ところが、羽生くんらしからぬ得意のスピンの2本目をミスって0点判定に!

これが響いて100点超えならずの97.74!それでも余裕の首位発進です。

本人も演技後のインタビューで、「まさかのスピンボロボロで悔しい!」と言ってました。

でも流れるような演技は、緊張感の中にも新鮮でとても優雅な気分にさせてくれました。


ジャンプが前半に集中しているので試合というより、まるでエキシビションやアイスショーの演技を見ているようで

見とれている間に終わってしまったって感じです。

画像
得意のハイドロブレーディング ショートバージョンも入ってましたヨ!!


「これからプログラムを完成形に近づけて行かなければいけない。」

「前半にジャンプ全部はこのままでいくのか?」という質問に、

ちょっと考えて

「やっぱり流れがこっちの方がきれいなので、このままでいいかな・・・。」


ところで、女子はメドベージェワがトップ、

男子は1位 羽生くん、2位チャ・ジュナン(韓国)、3位ジェイソン・ブラウン(アメリカ)

みんなオーサーファミリーで上位独占です。

オーサーコーチの指導力だけではない、トップに君臨する羽生くんから受ける刺激は大きいのではないでしょうか。

特に、平昌選考から外れ、オーサーファミリーに入門したジェイソン・ブラウンの変化に驚きました。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック