「ディーン五代さま」大阪市立大 五代友厚の銅像除幕式にサプライズ登場! 

産経WESTより

「五代さま」サプライズ登場 ディーン・フジオカさん、五代友厚の銅像除幕式に 大阪市立大

NHK連続テレビ小説「あさが来た」で一躍脚光を浴びた大阪商工会議所の初代会頭、五代友厚(1836~85年)の銅像が、創設に関わった大阪市立大の杉本キャンパス(大阪市住吉区)に建てられ、19日、除幕式が行われた。ドラマで五代役を演じた俳優のディーン・フジオカさんがサプライズで訪れ、五代さま登場に会場が大きく沸いた。

「おおきに!五代さん!」

 銅像は高さ約3・4メートルで、右手に書物を持ち、遠い海外を見つめているのが特徴。グローバル感覚を身につけてほしいという願いが込められている。事業費は約3千万円だが、約2年かけて同大OBに寄付を募ったところ、約5千万円が集まったという。

 除幕式には、来賓のほか、ディーンさんの参加を聞きつけた観衆約500人が押し寄せた。銅像が披露されると大きな歓声が上がり、ディーンさんは「また五代さんとこうやって向き合えて感無量です。おおきに五代さん」と話していた。

 五代は薩摩藩出身。明治13(1880)年に同大の前身・大阪商業講習所を創設し、商業教育の充実に尽力した。五代の像は、同じく設立に関与した大阪商工会議所(大阪市中央区)や大阪取引所(同)などにも設置されている。

2年前から寄付を募っていたって事は、朝ドラにあやかっての事業ではないんですね。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック