ちょっとリアルで刺激的! ジュンギくんのインタビュー

イ・ジュンギ「僕も恋愛したい…良い人がいれば紹介してください」
Kstyleニュース     MYDAILY |2014年09月16日18時37分 

(部分抜粋)


―これまで知らなかったナム・サンミさんの一面はあったか?


イ・ジュンギ:昔初めて会ったときは妹のような感じだった。どれだけラブシーンを撮っても可愛らしい妹のような感じだったけど、今回は恋愛模様を描くとき、僕の方が頼る面もあった。女優として恥ずかしがらず、男性俳優を不快にしない。むしろ男性俳優に任せる。キスシーンも気楽に相談することができた。成熟した女優だなと感じた。特にサンミさんも年齢を重ねたので、一回のキスでも自然に雰囲気が出るという強みがあった。様々な強みを持つ女優になったようで同僚俳優として幸せだった。感謝すべき点が多かった。

―キスシーンのためにどんな努力をしたのか?


イ・ジュンギ:ドラマのキスシーンは映画よりはリアリティが落ちざるを得ない。あまりにもリアルに表現すれば、家族で見るのもちょっと困ると思う。その加減を守りつつ、一番セクシーに見える角度はどこか考えた。そうやって、お互いの眼差しや、呼吸、口調など全てに悩んだ。実はキスシーンを撮りながら現場で一番テンションが高かったのが僕だった。『先輩の好きなようにしてください』と僕に任せてくれたサンミさんに感謝している。洞窟のキスシーンは何度も撮ったけれど、一番キレイにセクシーに見せるため、様々なチャレンジをした。現場でスタッフたちにお金を振り込むようにと言われるほど、僕だけ楽しんだ。一緒に素晴らしいシーンを仕上げるために努力してくれたサンミさんに感謝している(笑)

―ラブコメに出演する計画は?

イ・ジュンギ:事務所の方と話し合っていると、ヒーローものはもう出演しない方がいいんじゃないかという話が出る。そういう話が出るほど、僕の好きなジャンルだ。でも、僕も心ときめく恋愛ドラマに出演したい。でも、そんな恋愛ドラマの出演オファーがあっても惹かれない。もし僕を出演したいと思わせるような作品なら、自信をもって出演できると思う。僕も楽しみにしている。今もいくつかの作品の出演オファーがあり、悩んでいる。映画であれ、ドラマであれ、しっかりと検討している。新しい姿をお見せしたい。個人的にラブストーリーを演じるのは本当に好きだ。幸せだ。それは運がいいということだ(笑)

―実際に恋愛したいと思うのか?

イ・ジュンギ:僕にも欲求はある。僕が合法的に(欲求を)解消できるのは演技だけだ。周りに良い方がいれば、紹介して欲しい(笑) 実際、撮影現場でも周りに良い女性がいれば紹介して欲しいと言う。恋愛はしてみてから結婚すべきじゃないかと思う。とにかく空白期間はそんなに長く続かないと思う。色んなプロモーションにも参加する予定だ。なるべく休まずに過ごしたい。それから、できれば恋愛する幸せに恵まれれば嬉しい。

ドラマのネタバレになるのでキスシーン撮影の感想と恋愛に関する部分だけピックアップしました。

ジュンギくんももう30歳過ぎてるんだから恋愛ぐらいしたいよね。

そして、ドラマや映画の共演から恋愛に発展する事ってよくある事ね!!

ナム・サンミさんとならお似合いと思うわ


画像

相変わらずおちゃめなジュンギくん!やっぱり結婚はまだまだ遠そうね!!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

ナイス ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック