よなのたびはくねくね

アクセスカウンタ

zoom RSS みちのく夫婦旅〜<その5>究極の硫黄泉「蔵王温泉大露天風呂」

<<   作成日時 : 2018/06/27 23:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

この日の宿泊は山形市街から30程山間部に入った蔵王温泉。

テレビの旅番組を見てぜひ行きたかった温泉のひとつです。

冬は、スキーや樹氷鑑賞で賑わうらしいですが、この季節はオフシーズンなんでしょうか。

温泉街での1予約につき2000円の宿泊クーポンが配布されてました。

画像
宿泊したのは、手頃な値段と行き届いたサービスで人気の「松金屋アネックス」さん。

駐車場を降りるとあたり一面硫黄の匂いが充満してます。


蔵王温泉は1900年前開湯の東北屈指の古湯で、泉質は強酸性の硫黄泉。

血行促進効果に加え、表皮の殺菌作用や皮膚を強くする作用があるそうです。

共同湯や日帰り温泉も多く、中でも大人気なのが「蔵王温泉大露天風呂」

利用時間が18時30分までなので、チェックインだけしてすぐ出かけようとしたら親切にも送迎していただけました。


「蔵王温泉大露天風呂」は宿から車で10分ほど、温泉街の一番奥、すぐ後ろはスキー場です。

画像


画像
長い階段を降りていった下にあります。

画像
完全カメラ禁止なので、蔵王温泉のHPからお借りしました。

画像は男性用で、女性用はこの上です。

更衣室はなく、いきなり湯船の脇に屋根付の簡易脱衣所があるだけ。

湯船は「大」が付くにはちょっと小ぶりでしたが、硫黄泉特有の青みがかった乳白色のお湯がぜいたくに掛け流されていました。

画像
上流から湯船の横を流れる湯川だけちょこっと!!

画像
危険!立入禁止

平日の夕方のせいか入浴客は私だけ、ワイルドな湯船を贅沢に独り占め!!

温泉好きにはたまらない爽快感、温泉に浸かりながら森林浴って感じです。

外が少しひんやりなので、のぼせる事もなく閉館ぎりぎりまでたっぷり楽しみました。

ひと足先に出て休憩所で待ってた夫は、大ファンの山形出身/橋本マナミの想い出ノートのコメントとサイン色紙を見つけてにんまり!!


みちのく夫婦旅〜<その6>蔵王温泉のお宿「松金屋アネックス」・・・につづく



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
みちのく夫婦旅〜<その5>究極の硫黄泉「蔵王温泉大露天風呂」 よなのたびはくねくね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる