よなのたびはくねくね

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国サスペンス「ベビーシッター」全4話 イッキ見しました。

<<   作成日時 : 2018/02/28 17:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

ネタバレ注意!

韓国ドラマ「ベビーシッター」 全4話 2016年

画像

夫、その愛人、さらにその夫の3人を惨殺したチョン・ウンジュ(チョ・ヨンジョン)は、ある教会に週刊誌?記者を呼びつけ、これから自首すると告げる。

その日から遡る事27日前に警察による死体発見。殺害はさらにその1ヶ月に行われていた。

「警察もまだ証拠をつかんでないのに?」

「始めから逃げるつもりはないの。」

「弁護士よりも前に記者を呼んだ理由は?」

「世に知らしめたいんです。私の行動には理由があったと。

ありのままに話しますから、衝撃的な記事をお願いします。」

こうして、ウンジュの赤裸々な告白の映像化でドラマは進んでいく。


カフェで働いていたチョン・ウンジュ(チョ・ヨンジョン) は旧家の名門御曹司のユ・サンウォン(キム・ミンジュン) に見初められ結婚、幸せな日々を送っていた。

長女が6歳の時、双子の男の子が生まれ、姑の勧める若いベビーシッターを雇う。

その女は小悪魔的色香で夫を誘惑し、まもなく不倫関係に陥る。

猜疑心を募らせるウンジュは徐々に壊れていき、ついに精神病院に入れられる。

そこで、同室の女ともみ合いになり女は意識不明の重体に。

ついには拘置所送りとなる。女の意識が回復したのを機に偶発的事件として結局無罪となる。

3人への憎悪を募らせていたウンジュは出所したその日に3人の殺害を実行する・・・。


これらは、全て彼女の告白によるもので、実はメディアを巧みに利用した完全犯罪。

これでもか、これでもかと視聴者をまるめ込む仕掛けが随所に隠されてました。


韓国サスペンスはストーリー性を重視するあまり捜査が雑と思う事がよくあります。

このドラマもアリバイとか死体の本人確認とか、「科捜研の女」ファンならツッコミ入れそうな部分も!

それから、結末の解釈は見る人によって違うかも!!

そういうファジーなのも含めて韓国サスペンスならではの面白さでしたわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国サスペンス「ベビーシッター」全4話 イッキ見しました。 よなのたびはくねくね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる