よなのたびはくねくね

アクセスカウンタ

zoom RSS 「直虎」より断然「風林火山」!!<2>いよいよ川中島へ!!

<<   作成日時 : 2017/12/18 15:53   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

毎週録画設定してるけど、ここんとこ、「女城主直虎」見てませんでした。

そろそろクライマックスかと思いきや、昨夜最終回でした。

そりゃそうですよね。もう12月半ばですもんね。

井伊直政って関ヶ原での功績を認められて彦根城主になったって聞いてたけど、

いくら家康の気に入られてるからってこんなまだ元服もしてない青二才に和睦の使者なんかさせる?

ありえへんわ〜。

でも、ネット記事ではこの最終回に称賛の声が相次いでるんやと!!

私は結局終始、井伊家の長〜いホームドラマにしか捉えられなかったヨ!!

(直虎ファンの方スミマセン!!


一方、4月から毎週楽しみにしてる「風林火山」の再放送。

画像


今週は、これから長年に渡って続く「川中島の戦い」のきっかけとなる、北信濃の武将村上義清討伐の顛末が描かれていました。

このドラマ、タイトルのイメージで勇壮な戦国の男達のドラマと思われがちですが、

実は戦国の世にしたたかに生きる女性達をていねいに描いているんです。

私がハマってるのはそこかも!!

例えば12/3放送分36話。

武田の重臣小山田(田辺誠一)の側室の美瑠姫(真木よう子)は過去に小山田に滅ぼされた城主の妻。

二人の間に生まれたと思われた子は実は前夫の子。

小山田はそれを知りつつ母子を慈しみ、女は憎むべき仇を深く愛してしまった。

二人で育て後継にしようと誓った矢先、幼子が病死してしまい、拠り所をなくした美瑠姫は寝所で小山田を殺し、すぐ後に自害。

今で言う無理心中ですね。この回せつなくて号泣してしまいましたわ。

昨日の38話

山本勘助の元友、平蔵(佐藤隆太)の子を宿したヒサ(水川あさみ)は、主である村上義清の正室が自害したけど後追いできず武田方に逃がしてもらう。

武田方の武将 馬場信春の言葉が印象的だ!!

「女子(おなご)は皆、心に鎧をまとって戦っているのだ!!」


画像
勘助がひそかに慕う、武田晴信(後の信玄)の側室 由布姫(柴本幸)。この人も武田に滅ぼされた諏訪の姫君。
二人の間に生まれた子は後の悲劇の武将武田勝頼です。

ところで、新人大抜擢された柴本幸さんのお父さんは柴俊夫、お母さんは真野響子、叔母さんは眞野あずさだって事知ったのは当時の放送後でした。
こんな気品あるお姫さま、最近の大河には出て来ないWA〜。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「直虎」より断然「風林火山」!!<2>いよいよ川中島へ!! よなのたびはくねくね/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる